ご挨拶

道を拓き、先駆ける。
これまでも、そしてこれからも。

丸文のDNAに深く刻まれた企業精神は、脈々と受け継がれていきます。

代表取締役社長 水野 象司
 丸文株式会社は、今年7月で会社設立70周年を迎えました。これもひとえに、お取引先様をはじめとする多くの方々のご支援の賜物であり、心より御礼申し上げます。
 弘化元年(1844年)に呉服問屋として創業した丸文は、70年前(1947年)の7月1日に、会社組織を再編して丸文株式会社として新たなスタートを切りました。戦後の復興とともに技術が進歩していく中で、丸文はエレクトロニクスを主な事業領域とし、国内外の先端技術製品をお客様に提供し、サービスの向上に努めてまいりました。その中で丸文が大切にしてきたものは、「常に時代の一歩先を見据え、次のニーズに応える」という「先見」と「先取」の精神です。
 私たちのDNAに刻まれたこの思想は、日本に初めて集積回路(IC)を紹介するなど丸文がエレクトロニクス分野で羽ばたく原動力となりました。そして市場や製品、業界の変化が非常に激しい現在においては、私たちの進むべき道を示してくれる羅針盤となっています。
 設立70周年を迎え、これからも私たちはその先を見つめ、歩みを進めてまいります。最先端の技術や優れたサービスの提供を通じて社会に貢献していくこと。「先見」「先取」の精神を未来に受け継ぎ、新たな可能性を追い求めていくこと。丸文はこれからも挑戦し続けます。
 今後ともなお一層のご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。