InterOpto 2015

2015/10/14
イベント
InterOpto 2015

当社では来る2015年10月14日(水)から16日(金)の3日間、パシフィコ横浜で開催されます『InterOpto 2015』に出展し、高出力半導体レーザ、パルスファイバーレーザ、LEDを中心とした産業用製品を多数出展いたします。
nLIGHT社からは、高出力・高効率半導体レーザの次世代モデルElementと、ピコ秒パルスファイバーレーザを紹介いたします。Luminus社からは単素子の高輝度LEDデバイスを展示、10月14日のJIALセミナーでは高輝度LEDの最新状況の講演をいたします。Laserline社からはkW高出力半導体レーザ装置を使用した金属の焼入れ、肉盛加工サンプルを展示いたします。UPRtek社からは、高機能簡易測定が可能なスペクトルメーターおよびフリッカーメーターを出展いたします。他、ExcelitasTechnologies社の高出力UV LED光源など光学製品を幅広く紹介いたします。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

開 催 概 要

お問い合わせ


招待券やブースで詳細な説明等をご希望の方はご連絡ください。
丸文株式会社
システム営業本部 営業第3部 光デバイス機器課
TEL:03-3639-9811
メール:m-laser@marubun.co.jp

出展製品一覧

nLight社
ショートパルスファイバーレーザ helix
ショートパルスファイバーレーザ helix
ショートパルスファイバーレーザ helix

helixは、高輝度・高信頼性シングルエミッターLDモジュールおよび3Cファイバーテクノロジーを融合させた短パルス、高ピーク出力、ビーム品質に優れたパルスファイバーレーザです。短パルスの効果により加工部分周辺の熱影響層が低減でき、各種微細加工に最適な光源です。

詳細は写真をクリック→
高輝度ファイバー付半導体レーザ element

element®は、nLlGHT社が培ってきた高出力シングルエミッターLDモジュールPearl™のテクノロジーをベースに、高信頼性・高変換効率を達成しつつ、ファイバーレーザや固体レーザ励起、材料加工、メディカルなどのOEM用途向けに低価格を実現したハイパフォーマンス ファイバー付半導体レーザです。

詳細は写真をクリック→
ファイバー付半導体レーザモジュール Pearlシリーズ

nLight社のnXLT™技術を適用した高信頼性シングルエミッターLDを使用し、電気−光変換効率50%以上の高効率、かつ低電流操作を可能にした、次世代半導体レーザモジュール。OEMモジュールとして各種産業用途(ハンダ付け、樹脂溶着、半導体/FPD製造、金属溶接、レーザ励起、メディカル、レーザディスプレイ等)に最適な高出力半導体レーザ光源。電源一体型のターンキーシステムでの提供も可能です。

詳細は写真をクリック→
CWファイバーレーザ alta

altaは、レーザ加工における高いスループットと高い加工品質を両立するファイバーレーザです。シングルモードまたはマルチモードタイプによるCW発振のほか、最大100kHzによるモジュレーションパルス発振が可能。高ピークパルスなど多彩なパルス波形制御により最適な加工プロセスができます。

詳細は写真をクリック→
Photonic Tools
超短パルスレーザ用ファイバ伝送システム

独国フォトニックツールズ社の産業用ファイバ伝送システムは、ピコ秒、フェムト秒レーザなど超短パルスレーザのビームパラメータを維持しながら、フレキシブルなビーム伝送を高効率で実現。生産装置のメンテナンス性向上、コストダウンに貢献します。

詳細は写真をクリック→
Luminus Devices, Inc.
高輝度・高出力・高効率 LED

Luminus社製のLEDは、単素子で高い輝度、発光強度が得られ、さまざまな優れた特長があります。

詳細は写真をクリック→
UPRTek
MK350S Advanced / MK350N Plus / MK350D Compact スペクトルメーター、MF250N フリッカーメーター

MK350シリーズは軽量で小型、即時に測定が可能なLEDスペクトルメーターです。
標準計測の波長・色温度・CIEに加えて、ニーズや要求に合わせて測定機能を選択・変更でオリジナルメニューの設定が可能です。

詳細は写真をクリック→
Excelitas Technologies LED Solutions Inc.
高輝度LEDファイバー光源モジュール

Excelitas Technologies社製LED光ファイバー光源シリーズは最新のソリッドステート照明、精密光学系および高度な熱処理技術の結合により、高輝度光ファイバーイルミネーションに革命を提供します。本製品はキセノンランプ光源、メタルハライドランプ光源、ハロゲンランプ光源全ての代替となる特長を持っています。

詳細は写真をクリック→
OmniCure UV LEDモジュール

小面積から大面積まで用途に合わせた照射幅がご提供できるUV LED 光源です。
365nm 395nm の波長域を用意しており、照射幅は最大で305×15mmとなっています。照射物に対してワーキングディスタンスが離れていたとしても、高出力で素早いキュアリングを可能にします。

詳細は写真をクリック→
蛍光顕微鏡用照明装置 X-Cite 120

X-Cite® 120LEDは、ハイパワーLEDによる明視野、均一性視野が特徴です。
白色LEDを用いており、波長ごとのLEDモジュール取り付けがなく、従来の蛍光顕微鏡にそのまま装着するだけで利用可能です。またLED光源の強みである瞬時点灯/オフが可能なため、装置のスタート/オフが従来のランプ光源に比べ容易で、かつメカニカルシャッターなどによる振動がありません。

詳細は写真をクリック→
Laserline GmbH
ファイバー付き高出力LDモジュール LDMシリーズ

非常にコンパクトな設計となっており、LD・電源・冷却ユニット・メカニカルシャッター・外部コントロールインターフェースを19インチラックマウントに組み込んだファイバー付き高出力LDモジュールです。設備加工機などへの搭載が容易で、OEM用途として非常に適しています。

詳細は写真をクリック→
Plasmo Industrietechnik GmbH
プロセスモニタリングシステム

プラズモ社のオンラインプロセスモニタリングシステムは、溶接加工中に発生するプラズマ光や溶接光の輝度、強弱や振幅を、光ファイバーを介してフォトダイオードによりデジタル信号に変換し、デジタル信号のレベルを独自のアルゴリズムに基づいて溶接欠陥を検出します。同社のシステムにより、溶接加工の最適化、高品質化とコストダウンを図ることができ、自動車・航空機産業を始め、各種加工機メーカに多数採用されています。

詳細は写真をクリック→
Dr.Mergenthaler GmbH & Co.KG

JIAL・グローバルテクニカルセミナー

温度フィードバック付プロセスコントローラー/One/Two colour process controller

独国Dr. Mergenthaler社のパイロメーターは、高精度、高速かつ柔軟性を持つ、温度データ取得、視覚化、データ記録、アーカイブからなるシステムです。

詳細は写真をクリック→
Onefive GmbH社
Origami XP
日時10月14日(水) 14:00〜14:45
場所展示会場内 セミナー会場 A
講演タイトル特殊照明用途における高輝度高密度LEDの最新動向
講演者ルミナス デバイセズ社 ステファン・ベロズグアルド氏
講演内容ルミナス・デバイセズでは、高輝度、高ルーメン密度のLEDをご提供しております。今回グローバルマーケットにおける高輝度LEDを利用した特殊照明分野における、市場動向とLEDの最新動向をご紹介させていただきます。

日時 10月14日(水) 16:00〜16:45
場所 展示会場内 セミナー会場 A
講演タイトル 最先端 産業用超短パルスレーザ ファイバ伝送システム
講演者 PT フォトニックツールズ社(独国)最高経営責任者 ビヨーン ウェデル氏
講演内容 材料微細加工などの産業応用で高出力ピコ秒、フェムト秒レーザの適用が進んでいる。Photonic Tools社は、複雑かつサイズを要求する超短パルスレーザの空間光学系に代わり、ファイバによるフレキシブルなビーム伝送技術で生産装置のメンテ性向上、コストダウンを提案する。本セミナーでは、基本波(900〜1100nm)、パルスエネルギー500μJまでのシングルモードビーム用ファイバ伝送システムを紹介する。

会場地図


詳細およびお申し込みは下記HPをご確認ください。