EnSilicaとBaySand が協業し、ASIC UltraShuttle-65 multi-project waferでコンフィギュレーション可能なIPソリューションの提供を開始

2016/08/30
商品情報

BaySand Inc. (以下BaySand)はEnSilicaLimited. から、コンフィギュレーション可能なe-Si-RISCプロセッサ・コア、eSi-Connectプロセッサ・ペリフェラル、ハードウェアアクセラレータとしてeSi-Cryptoエンクリプション、eSi-CommsコミュニケーションのIPソリューションの提供が受けられるようになりました。

2016/8/17 イギリス ウォーキンガム

セミコンダクター・ソリューションとIPのリーディングプロバイダーである EnSilica は、アプリケーションコンフィギャラブル ASIC のリーダーである BaySand との協業を開始しました。BaySandが新たに開始した ASIC UltraShuttle-65 multi-project wafer (MPW) のお客様に対して、アプリケーション要求に応じてコンフィギュレーション可能な様々な IP ソリューションを提供します。IPには、EnSilica の eSi-RISC プロセッサ・コア、eSi-Connect プロセッサ・ペリフェラル、ハードウェアアクセラレータとして eSi-Crypto エンクリプション、eSi-Comms コミュニケーション IPソリューションが含まれます。

EnSilica の自動化されたフローによって、複雑な CPU サブシステムをほんの数日で提供することが出来ます。このサブシステムには、JTAG デバッグ付きのシングルまたはマルチ eSi-RISC プロセッサ・コア、様々なペリフェラルとタイマー、セキュア・ブートとコミュニケーションを可能にするエンクリプション・アクセラレータを含めることが出来ます。システムは、自動化されたフローの一部として生成されたスタンダード・マルチレイヤ AMBA AHB バスファブリックの周囲に構築されます。お客様自身の IP コアを簡単に統合するための、追加の APB, AHB, AXI バスも含めることが出来ます。このデザインフローによって、2016年10月の最初の ASIC UltraShuttle-65 MPW に間に合う様に、EnSilicaプロセッサ・サブ・システムをお客様に提供することが可能です。

“新しい ASIC UltraShuttle-65 MPW プログラムにおいて、BaySand の重要なパートナーになれたことを、私達は非常に嬉しく思います。4層メタルレイヤでカスタマイズ可能な複数プロジェクトのサポートと、手頃で信頼出来る ASIC ソリューション Deep Sub-Micron の使用が容易になることによって、ASIC UltraShuttle-65 プログラムは他のファンダリによって提供されていた既存のシリコンシャトルの概念を変えるでしょう。” と EnSilica CEO の Ian Lankshear 氏はコメントしています。

ASIC UltraShuttle-65 MPW プログラムは、特別な EDA ツール、専門知識やライセンスが不要な確立されたデザインフローとメソトロジによって、高品質で検証済み、完全にテストされたASICを供給します。BaySand のデザイン・メソトロジは、自社の完全にキャラクタライズされたスタンダードセル・ライブラリに基づいており、Design for Testability (DFT)、Automatic Test Pattern Generation (ATPG)、Full Scan、JTAG、BIST、物理実装が含まれる BaySand の RTL サインオフ・デザイン・メソトロジで、EnSilicaのシリコンで実証された IP の eSi-Familyと密接に連携しています。ASIC UltraShuttle-65 MPW はFPGAからASICへの置き換えにも最小リスクで使用でき、コストとTTMを削減することが出来ます。

EnSilicaのeSi-RISC は、組み込みシステム向けのコンフィギュレーション可能な低消費電力のソフトプロセッサコアのファミリで、幅広いアプリケーションに対応し、16bit と 32bit コンフィギュレーションの両方をサポートできるユニークなプロセッサです。このコアは、28nm までの様々なASICテクノロジーで広くシリコンで実証されています。eSi-RISCファミリは、eSi-Connect プロセッサ・ペリフェラルと、ハードウェアアクセラレータとして eSi-Crypto エンクリプションおよび eSi-Comms コミュニケーションソリューションが含まれる広範囲の IP ライブラリによって完全にサポートされます。

“ASICデザイナーと65nm ASIC 実装間のギャップの橋渡しをする私達のイノベーションを、EnSilica がサポートしてくれることを私達は嬉しく思います。ASIC UltraShuttle-65 プログラムにEnSilica を使用することで、私達の共通のお客様は、RISCベースの CPU、暗号化とハードウェアアクセラレータを含む高性能なIPセットで SoC を実装することが出来ます。”と BaySand EVP Marketing and Sales の Ehud Yuhjtman 氏はコメントしています。

EnSilicaについて

EnSilica は 2001年に設立され、世界中の半導体会社、OEMへのASICとFPGA向けソリューションの供給において成功した実績を持っています。本社はイギリスでインドとアメリカに拠点があり、低消費電力ASICデザインと複雑な FPGA ベースの組み込みシステムのスペシャリストです。IP供給と ASIC/FPGA 開発・供給のターンキービジネスに加え、社内のASICデザインチームによる個別対応も実施しています。これらのサービスには、システムエンジニアリング、アナログ・ミックスドシグナルデザイン、UVM、DFTを使用した検証と物理実装が含まれます。

BaySand について

BaySandはApplication Configurable ASICsのリーディングカンパニーで、短期開発による市場投入とコスト削減を実現するASICベンダーです。独自パテントであるMetal Configurable Standard Cell(MCSC)技術とフィールドコンフィギュラブル DSPアーキテクチャ(fcDSP)により、ASIC設計者様に、低NRE、短期開発、低消費電力、低チップコスト、ハイパフォーマンス、プログラマビリティとフレキシビリティを特徴とする、ワールドクラスのソリューションをご提供します。 BaySandはカリフォルニア州サンノゼ、シリコンバレーにあるファブレスの株式非公開会社です。

連絡先

BaySand_marketing@marubun.co.jp