鉄道関連設備 監視・管理・制御向けPC

鉄道関連設備 監視・管理・制御向けPC

このほど、アーティセン・エンベッデッド・テクノロジー社(本社:米国)より、鉄道関連設備の監視・管制・制御向け、冗長対応コンピューティングシステム【ControlSafe™ Platform (略称:CSP)】が発売されることとなりました。(発売予定時期2016年4月)

アーティセン・エンベデット・テクノロジー社は、クリティカルミッション用の組み込み型コンピューティングシステムにおいて30年以上の経験と歴史をもち、そこで培われた技術に基づき、このほど、鉄道関連設備の監視・管制・制御用途の高信頼性システムを開発いたしました。

システム概要

基本のControl Safe Platform (CSP)は、2台のFail Safe Computer (FSC)と、1台のRelay Boxによって構成されています。1台のFSCには2個のCPUを搭載し、“Master” & “Checker” 2-out-of-2 (2oo2) voting制御により高い信頼を確保します。また2式のFSCと1式のRelay Boxを同時に運用することにより、1台のFSCに異常が発生した場合でも、他の1台による処理によりシステム全体の信頼性を高めています。
  • ハードウエア認証: EN50129 SIL4
  • ソフトウエア認証: EN50128 SIL4

基本構成

ソフトウエア・アーキテクチャー
<ソフトウエア・アーキテクチャー>
  • Fail Safe Computer × 2台
    • 9-Slot chassis
    • 2 CPU Cards
    • Wind River VxWorks653 OS
    • 追加カード
      ・Switch Module
      ・Ethernet Ring Module
      ・2 port CAN bus I/O
      ・Ethernet Ring I/O module
      ・Safety Relay
  • Safety Relay Box × 1台

その他

  • 対環境性能
      振動: EN61373 (12.2.11)
      衝撃: IEC 60068-2-27
      筐体: IP20 chassis
  • EOL = 発売から15年対応
  • EOS、EOR = 発売から25年対応