テキサス・インスツルメンツのDLP®テクノロジー

テキサス・インスツルメンツのDLP®テクノロジー

DLPテクノロジーは、MEMS(Micro Electro Mechanical System)技術の分野で知られているテキサス・インスツルメンツ独自の技術です。
アレイ状に並んだ極小ミラーをデジタル式に傾斜駆動させることで光の方向を制御するユニークな光制御デバイス、DMD(Digital Micromirror Device)を有します。
今日、デジタルシネマを始めとする大型のプロジェクターを中心とした ディスプレイ・アプリケーションに多く利用されているテクノロジーです。

DMDは可視光以外の不可視領域までサポートする ことができるため、映像コンテンツの投影以外での利用も可能です。
近年では、PCBリソグラフィー、3Dプリンタ、3Dマシンビジョン、分光装置など、各市場の多様なアプリケーションに期待されています。

TIのDLP®関連紹介ページはこちらをクリック


丸文のTI製品特設サイトでは、アナログ、電源、デジタル、DLP®、各種ツールを中心に、推奨製品紹介パンフレット、解説ビデオ、ユースケース等を日本語で分かりやすく解説しております。下記バナーより特設サイトにお進みください。

テキサス・インスツルメンツ社主要製品