IRIS社 電力・エネルギー監視ソリューション

IRIS POWER社が考える電力機器保全

近年、電力機器の状態監視は保全計画の必須のツールとなり、機器停止までの間隔を延ばし、保全費用を最小化し、機器を最大限に活用できます。 予知保全、または状態監視保全は、電動機や発電機など信頼性が高く高価な機器の維持費全体を抑えるための最も良い方法として急速に認められています。予知保全は、機器に何らかの不具合が進行していることをオンラインモニターが示した場合のみ機器の通用を止め保全計画をする手法です。従って、機器の停止は、最後の点検停止からの経過時問や運用時間に基づいてはいません。

製品一覧 事例集 よくある質問 参考文献 IRIS社サイト ダイアグノスティック・ニュース

水力発電機用オンライン監視装置

水力発電機用オンライン監視装置

水力発電機の回転子・固定子の状態をオンラインの状態で、常時または定期的に測定・監視することを目的とした製品群です。
絶縁劣化診断(部分放電測定)、振動解析、巻線短絡ターン検出の測定機器を掲載...

メーカー
アイリス パワー
Iris Power LP
タービン発電機用オンライン監視装置

タービン発電機用オンライン監視装置

タービン発電機の回転子・固定子の状態をオンラインの状態で、常時または定期的に測定・監視することを目的とした製品群です。
絶縁劣化診断(部分放電測定)、振動解析、巻線短絡ターン検出の測定機器を...

メーカー
アイリス パワー
Iris Power LP
電動機用オンライン監視装置

電動機用オンライン監視装置

大型電動機の回転子・固定子の状態をオンラインの状態で、常時または定期的に測定・監視することを目的とした製品群です。
絶縁劣化診断(部分放電測定)、振動解析の測定機器を掲載しています。

メーカー
アイリス パワー
Iris Power LP
オフライン試験機

オフライン試験機

オフラインでの発電機・大型電動機の固定子巻線等を診断することを目的とした製品群です。
絶縁劣化診断(部分放電測定)、固定子楔固さ測定機器,自走式カメラシステムなどを掲載しています。

メーカー
アイリス パワー
Iris Power LP

その他

NEW 水力発電機用容量性エアギャップセンサ

IRIS社の静電容量式エアギャップセンサは、水力発電機の固定子と回転子の距離(エアギャップ)を測定し、固定子と回転子の双方で生じる熱作用、磁力および遠心力、機械系の故障で起こる効率低下をや事故の原因となる固定子の形状変化や回転子の偏心をオンライン状態で監視します。

NEW 軸電圧・電流モニタ
SMTracII
常時監視型

SMTracIIはモータおよび発電機のベアリング等軸受けに被害をもたらす軸電圧と軸電流の発生状況をモニタリングするオンライン監視装置です。
2つの電圧と2つの電流信号までの監視・分析を行い、高レベルでの電圧と電流においてユーザーに警報を発するリレー接点を提供します。
アイリス・パワー社のGuardIIの1つの計測器本体で、固定子部分放電監視や回転子磁束連続監視、固定子巻線振動監視と組み合わせることも可能です。

NEW モーター回転子かご形巻線故障とエアギャップ偏心検出
MDSP3
定期監視型

MDSP3は、アイリス・パワー社の第二世代の電流符号解析器CSMeterの後継機です。ロータかご形巻線の障害、すなわち回転子バー破損、リングのひび割れ短絡、ダイキャストの製造不良、誘導モーターの多くの機械的および電気的な故障メカニズムの原因である不均一なエアギャップを検出します。

NEW 高電圧電気設備の部分放電検出用EMCセンサ

堅牢なアイリス・パワー社のエポキシ・マイカ・キャパシタ(EMC)は、いかなる場合も装置の運用を妨げたり信頼性を損なったりすることなく、部分放電(PD)を検出します。
アイリス・パワー社は新たに開閉機、分離位相バス、乾式トランス専用のEMCセンサをデザインしました。

関連計測機器:MCPDTracII

IRIS POWER社とは

  • 北米最大の電力会社であるオンタリオ・ハイドロ社(現オンタリオ・パフー・ジェネレーション社)で働いていた4人がIRIS POWER社を設立しました。この4人は電動機と発電機の巻線の試験に従事していただけでなく、オンタリオ・ハイドロ社、電力研究学会(EPRl)、およびカナダ電気協会(CEA)が出資した研究プロジェクトで新しいオンライン監視方法を開発しました。 IRIS POWER社のこれらの4入の先駆者が、機器のオーナーであり機器の運用者として同じ興味を共有するオンタリオ・ハイドロ社と共に新しい技術を商品化しました。
  • 1990年の設立以来、IRIS POWER社のPDAならびにTGAオンライン部分放電監視製品が広く市場に受け入れられた結果、4人のスタッフが100人にまで増加しました。アメリカおよびカナダの電力会社の大型発電所の60%以上でこの技術が採用され、固定子巻線の保守と交換の計画に使用されています。
  • 1998年にTru-Tec Services社の傘下に入った後も、IRIS社は引き続きこの分野でのグローバルリーダーであり更なる革新を続けます。
  • 2006年1月 アイリス・パワー・LP社に社名を変更しました。
  • 2007年5月 IRIS Power社はEL CID固定子鉄心試験機や電動機や発電機のオフライン試験機のメーカであるアドウェル(ADWEL International)社を吸収合併しました。この吸収によりIRIS Power社は電動機/発電機の巻線用のオンライン/オフライン試験機の両方をご提供できるようになりました。
  • 2008年3月 トロント市(カナダ)の郊外ミシサーガの新社屋に移転。
  • 2012年 IRIS Power社はQualitrol Corporation, a Danaher companyの傘下に入りました。
  • IRIS社は資源の約15%を研究開発に費やし、モーターと発電機用の革新的試験法と診断ツールの開発を行い、また既存製品の改良も続けています。
  • IRIS社はISO 9001認証を取得し、従業員はお客様に誇りを持って最良の品質とサービスを提供しています。

本社:トロント(カナダ オンタリオ州) 拠点:米国事務所(テキサス)、英国事務所(ウォルフォード)、中国事務所(北京)、インド事務所(ムンバイ)

IRIS社 電力・エネルギー監視ソリューションのメーカー一覧