積層透過樹脂材同士のレーザ樹脂溶着技術

積層透過樹脂材同士のレーザ樹脂溶着技術

レーザ透過樹脂接合技術を利用する事により、複数層のレーザ樹脂接合が可能に!!

原理

レーザ光を透過樹脂間(A-B)の界面に照射
レーザ光は透過材料Aを透過
凹凸状態を形成した透過樹脂B表面で
レーザ光が吸収、発熱・溶融
熱伝導により透過樹脂Aの界面部も発熱・溶融
界面で融合・融着
溶融部がレーザ光を透過させる状態に変化
次層にレーザ光が透過・吸収・溶着

特許

特許出願中
発明者 名古屋大学 長谷川先生
  名古屋工業大学 中村先生、早川先生
 丸文(株)による共同発明