超小型原子周波数発振器/SA.45s CSAC

超小型原子周波数発振器/SA.45s CSAC

原子周波数標準発振器のリーディングカンパニー米国Microsemi FTD社(マイクロセミ社)が開発した超小型原子周波数発振器Chip Scale Atmic Clock(CSAC)SA.45sは、超小型(16cc)、軽量(35g)、低消費電力(最大140mW)を実現しており、海底センサー、GPS受信機、ポータブル無線機、センサーネットワーク、無人機、バッテリ駆動のアプリケーション等に適用可能な超小型原子周波数発振器です。
ウルトラ低電力モードを使用することにより、100mW以下の消費電力が実現できます。

主な特長

  • 10MHz、16.384MHz、10.24MHz、5MHz(矩形波)出力
  • 1PPS入出力
  • 周波数確度: ±5 x 10-11
  • エージング: <9 x 10-10/月
  • 動作温度: -10℃〜+70℃(OPT001、003、004、006)
  • 消費電力: 125mW以下
  • 寸法: 40mm(L) x 35mm(W) x 12mm(H)
  • 重量: 35g

お問い合わせ

お問い合わせ
〒103-8577 東京都中央区日本橋大伝馬町8-1
丸文株式会社 システム営業本部 営業第3部
Tel:03-3639-9811/Fax:03-3662-1349

お問い合わせはこちらから↓

関連商品