連続監視用 簡易型 磁束測定機 FluxTrac II-S

連続監視用 簡易型 磁束測定機 FluxTrac II-S

ローター・ポールの絶線状態は、軽徴な、あるいは通常の保守停止期問中であっても評価することは困難です。 部品の分解や取り外しなしにはポールにアクセスすることは困難です。短絡ターンを検出するポールドロップ試験のようなオフライン試験でも、高速回転状態や停止状態で障害は頻繁に間欠的に発生するので、効率が良くありません。これらのオフライン試験は、通転停止期間中に時間がかかり、他に投入できる資源と人材を拘束します。その結果、連続的なオンライン測定はオフライン試験や検査よりも好まれています。
FluxTrac II-Sは、水力発電機、場水発電用の電動機/発電機、凸極電動機のような凸極型回転機における回転子卷線の短絡ターン検出用の連続式オンライン回転子フラックス・モニタです。 この装置は米国の電力研究学会(EPRI)、ニューヨーク州電力公社(NYPA)及び米国内務省開拓局(USBR)と共同で開発されました。

関連商品