ピストンホン、校正機器

ピストンホン、校正機器

校正は、あらゆる高精度騒音計測に欠かせない重要なステップです。校正はマイクロホンに作用する音圧とそれによってマイクロホンから生じる電気的出力との関係を確立するものです。計測用マイクロホンの特性のうち校正が必要なものは、基本的に2種類あります。
1つはレベル校正、もう1つは周波数応答校正です。
レベル校正は、計測用マイクロホンの絶対感度を測定します。相互校正、比較校正、ピストンホン、キャリブレータなど、さまざまな方法を利用できます。

中でもピストンホンは、静圧補正を行うための精密気圧計を備えており、250Hzのレベル校正が行える頑丈で信頼性の高い方法です。

ピストンホンは、正弦形状に精密加工されたカムディスクで駆動される往復ピストン1対を対向させて配置してあります。カムディスクの形状は、ピストンが回転速度の4倍にあたる周波数の正弦波運動を行えるようになっています。これにより、閉鎖カプラの有効容積に同じような正弦変動が生じ、その内部の音響信号も変化します。

ピストンホンの機械的構造により、発生した音圧信号は非常に信頼性が高く安定しています。大気圧条件と校正温度を慎重にコントロールすれば、クラスLSのキャリブレータの要求条件をはるかに上回る校正が行えます。絶対校正精度は、ピストンホンの基準条件で±0.05dB以内であることが分かっています。

主な仕様

Type 42AAType 42ACType 42AP
Sound pressure level114dB(re. 20μPa)±0.08dB134dB(re. 20μPa)±0.08dB114dB(re. 20μPa)±0.05dB
Frequency250Hz250Hz250Hz or 251.2Hz
AccuracyIEC 942(1988) Class 1IEC 942(1988) Class 1IEC 60942 (ed.3/FDIS)LS
Temperature range-10℃ to +55℃-10℃ to +55℃-10℃ to +55℃
Batteries4 x AA alkaline(IEC LR 6)4 x AA alkaline(IEC LR 6)4 x AA alkaline(IEC LR 6)
Extemal power
Weight(with batteries)325g325g437g

関連商品