IRIS社 FAQ BusGuardⅡ, HydroGuardⅡ, TurboGuardⅡのよくある質問

IRIS社 FAQ BusGuardⅡ, HydroGuardⅡ, TurboGuardⅡのよくある質問

IRIS社 電力・エネルギー監視ソリューション トップページ
製品一覧 事例集 よくある質問 参考文献 IRIS社サイト ダイアグノスティック・ニュース

BusGuardⅡ, HydroGuardⅡ, TurboGuardⅡに関しての質問

  1. GuardⅡ Systemとは何ですか?
  2. なぜGuardⅡ Systemを購入しなければならないのですか?
  3. GuardⅡはどのような装置に使用できますか?
  4. 標準のGuardⅡ Systemには何が含まれますか?
  5. 電源の電圧範囲は?
  6. データ集積ユニット (DAU)はいくつ必要ですか?
  7. GuardⅡ Systemとどのように接続しますか?
  8. 遠隔地からどのような機能が利用できますか?
  9. リモート連続試験により定期的なフィールド検査の必要性はなくなりますか?
  10. どのようなセンサーが必要ですか?
  11. GuardⅡにはどのような情報が保存されますか?データの保存はどのようなフォーマットですか?
  12. GuardⅡにはどのくらいの情報(保存スペース)がありますか?
  13. 参考のためにGuradⅡを使用している事例や連絡できるユーザーはいますか?
  14. 最初にGuardⅡを設置するときに、測定のベースラインを設定することが重要かつ必要があるのはなぜですか?
  15. 典型的な測定間隔は?
  16. GuardⅡのデータは誰が分析するのですか?

Q.1 GuardⅡ Systemとは何ですか?

A.1
GuardⅡ Systemにはいくつか種類があります。:
HydroGuardⅡ、BusGuardⅡ、TurboGuardⅡ。
GuardⅡ Systemの構成は、データ集積ユニット (DAU)、システム・コントローラ(SC)、制御ソフトウェアから成り立っています。
GuardⅡは自動、連続オンライン部分放電(PD)のモニタです。温度、湿度、出力電力、電圧などの運転状況によるトリガー機能(最大10)を備えています。
また、Fluxモニタや固定子コイルエンド振動モニタ、軸電圧モニタの機能をアドオンで追加することで、複数の測定技術を任意に組合せ監視することができます。
詳しくはお問い合わせください。

Q.2 なぜGuardⅡ Systemを購入しなければならないのですか?

A.2
GuardⅡ Systemはユーザーの装置の部分放電を連続的に監視し、設定値以上または急速に増加する部分放電を検出すると警報を出します。部分放電試験をユーザーの予知保全プログラムに追加することで、事前にメンテナンス計画を立てることが可能になります。
GuardⅡ Systemはパルスの高さと位相データ(部分放電の要約データである2Dと3Dグラフ)の両方を集積します。GuardⅡ Systemは部分放電のデータ集積の運転条件によるトリガー機能(最大10入力)を持っています。
データはIRIS社の制御ソフトウェアPDLiteProでの設定に従い基板上のメモリーに保存され、IRIS社のPDViewソフトウェアを使ってデータをダウンロードして、保存、表示、トレンド解析、レポート作成ができます。

Q.3 GuardⅡはどのような装置に使用できますか?

A.3
GuardⅡ Systemは部分放電では最低6個のカプラーを設置、あるいは固定子コイルエンド振動センサまたは回転子磁束センサを設置したモーター、大型タービン発電機、水力発電機に使用できます。部分放電の監視対象としては最大24個のエポキシ・マイカ・カプラー(EMC)あるいは18個のステーター・スロット・カプラー(SSC)で使用できます。

Q.4 標準のGuardⅡ Systemには何が含まれますか?

A.4
標準のGuardⅡには、部分放電を連続的に監視する機能、(またはそれ以外の選択された監視技術、固定子コイルエンド振動監視または回転子磁束監視機能)を有し、通信機能としてUSBとLANポートが含まれ、アラーム出力としてドライ接点を1つ有し、温度・湿度・出力電力・電圧などの運転状況によるトリガー機能(最大10)の入力を備えています。
またセットにはマニュアルとIRIS社の各測定技術の専用ソフトウェアのインストールCDが含まれます。センサとなるカプラーキット(または固定子コイルエンド振動センサまたは回転子磁束センサ)は別途必要です。

Q.5 電源の電圧範囲は?

A.5
動作電圧:100/240 V (92-264 V)
周波数:50/60 Hz (47-63 Hz)
公称入力電圧、115 VACまたは230 VACのどちらかをAC PWR SELスイッチで選択します。詳細はお問合せください。

Q.6 データ集積ユニット (DAU)はいくつ必要ですか?

A.6
GuardⅡ(DAU)は監視の必要な装置ごとに1台必要です。

Q.7 GuardⅡ Systemとどのように接続しますか?

A.7
DAUはイーサネットLAN(TCP/IP)でリモート・アクセスできます。またUSBで直接ローカル接続ができます。通信オプションの詳細についてはお問合せください。

Q.8 遠隔地からどのような機能が利用できますか?

A.8
遠隔地からGuardⅡに付属するIRIS社のソフトウエアまたは、一般的なTCP/IP Modbusプロトコルを介してGuardⅡ Systemにアクセスできます。システム・コントローラにインストールされるIRIS社のIAMソフトウエア(PDLiteProソフトウエア)でデータのダウンロード、トリガーの設定、アラームの設定、PDViewを介して集積した部分放電のデータを見ることができます。

Q.9 リモート連続試験により定期的なフィールド検査の必要性はなくなりますか?

A.9
はい。なぜならGuardⅡ Systemは設定した運転条件で定期的に2Dデータと3Dデータの両方を集積し、アラームの監視もしているからです。

Q.10 どのようなセンサーが必要ですか?

A.10
HydroGuardⅡ System とBusGuardⅡ SystemはIris社のキャパシティブ・カプラー(EMC)を用いるように設計されています。(各相ごとにカプラー1個または2個、Differential設置あるいはDirectional設置)
TurboGuardⅡ SystemはIris社のステータ・スロット・カプラー(SSC)を用いるように設計されています。

Q.11 GuardⅡにはどのような情報が保存されますか?データの保存はどのようなフォーマットですか?

A.11
部分放電モニタ用のGuardⅡシステムでは、センサーを通した部分放電の強度(mV)、パルス数などを検査日時、電圧位相角(入力していれば温度、湿度、出力電力などの運転条件)情報などが共に保存され、IRIS社のPDViewソフトウエアでPDの強度を示すQm値や正規化されたPDの数量数を示すNQN値と2Dグラフ、位相角におけるPDの分布と強度を示す3Dプロットを出力できます。

Q.12 GuardⅡにはどのくらいの情報(保存スペース)がありますか?

A.12
GuardⅡ System本体には最大2年分保存できます。しかしながら部分放電の状況確認を兼ねて、少なくとも半年に1度はシステム・コントローラ(PC)アクセスして、データ収集と部分放電レベルの確認を行ってください。システム・コントローラに保持することが出来るデータ量はハードディスクの容量に依存します。

Q.13 参考のためにGuradⅡを使用している事例や連絡できるユーザーはいますか?

A.13
はい。いくつかの事例があります。またご要求に応じアイリス社のユーザーをご紹介できます。詳しくはお問い合わせ下さい。

Q.14 最初にGuardⅡを設置するときに、測定のベースラインを設定することが重要かつ必要があるのはなぜですか?

A.14
装置の巻線に位相分解の部分放電のベースラインを設定することは重要かつ必要があることです。これは弊社の試験運転サービス中に行われます。このベースラインの検査をすることに二つのメリットがあります。ひとつは部分放電のレベルがわかるので、GuardⅡが連続して測定しなければならない感度の範囲を適切に設定できます。二つ目のメリットは、部分放電の警報レベルをIris社のデータベースのベースラインと比較して設定できることです。これにより不適切なアラームレベルの設定による異常警報や不要なメンテナンスがなくなります。
試験運転中に発生した異常な部分放電とその分析が報告されます。

Q.15 典型的な測定間隔は?

A.15
Iris社は測定のトリガーは4週間を超えないように設定することをお勧めします。

Q.16 GuardⅡのデータは誰が分析するのですか?

A.16
部分放電の強度(電圧)のみの比較であれば、IRIS社が世界の同クラスの発電機から集めたデータに基づき、2年毎に更新している比較表(On-line PD Severity Tables)で機器の状況を比較確認することができます。詳細なデータの分析については、Iris社には部分放電の理論に関する世界的な専門家がいます。データをIris社に送り分析できます。また、IRIS社はデータ解析のセミナーを有償にて提供しています。専門家に頼らずご自身で装置のデータ解析ができるようになります。

(本文章はIRIS社のホームページから要約したものです。不明な点は原文をご参照下さい。)