IRIS社 FAQ 部分放電(PD)とはなんですか?

IRIS社 FAQ 部分放電(PD)とはなんですか?

IRIS社 電力・エネルギー監視ソリューション トップページ
製品一覧 事例集 よくある質問 参考文献 IRIS社サイト ダイアグノスティック・ニュース

Q 部分放電(PD)とはなんですか?

A

部分放電(PD: Partial Discharges)は、高電圧用絶縁材中のボイド(空隙)内で発生する小さな電気的なスパークです。モーターや発電機の固定子巻線において、導体と絶縁材の境界、あるいは絶縁材の内部、または巻線表面とコア(鉄心)の境界で、様々な不具合によって、(例えば、熱サイクル、機械的な振動等)ボイド(空隙)ができます。部分放電を監視することで、固定子巻線に劣化が発生しているかどうか、また巻線が損傷する危険が大きいかどうかを知ることができます。部分放電試験は、保守担当者がどのような保守を行ったら良いかを判断するのに役立ちます。固定子の定格電圧にもよりますが、部分放電は数週間から数10年の間で起きる不良を警告できます。

(本文章はIRIS社のホームページから要約したものです。不明な点は原文をご参照ください。)