防犯監視システム(DEFENDER-X)

防犯監視システム(DEFENDER-X)

カメラ映像からリアルタイムで不審者を検知し犯罪を未然に防止でき、既に撮影された映像からも不審者を特定する機能も搭載されておりますので、犯罪等が発生した後からでも不審者を簡単に特定する事ができます。


DEFENDER-X、メンタルヘルスチェッカーは、ロシア政府の研究機関を母体とする「ELSYS社」により開発され、日本総販売元のELSYS JAPAN株式会社の商品です。

防犯監視システム(DEFENDER-X)とは

人の精神状態(感情)を自動解析し、不審者を事前検知するシステム

  • 応用理論(運動の精神生理学)
    • 運動とは可能態(潜在力)を現実態(実現)にするものである
      • 「自然学第3巻, 335 BC」   アリストテレス
    • 反射運動と脳活動との間には直接の関連がある
      • 「脳の反射」(Reflexes of the brain, 1863)  イワン・セチェノフ
    • 反射運動は感情に関連付けられている
      • 「人及び動物の表情について」(The expression of the emotions in man and animals, 1872)  ダーウィン
    • 反射運動のその振幅と強度は攻撃性を特徴とする
      • 「攻撃 悪の自然誌」(On Aggression, 1966)  コンラート・ローレンツ

感情の状態と人の振動パラメータとの直接的な相関(依存)関係に着目し、これを解析して感情を可視化する技術を開発
   → 不審者を検知するシステムに応用

特許技術

システム構成と表示例

群衆の中で犯罪を犯す潜在的可能性の高い人を事前に検知(犯罪の未然防止に寄与)

①システム構成
システム本体 + カメラ + 録画装置

②人の精神状態を解析
オレンジから赤になる程、危険性が高い

③解析結果の表示
設定値以上を危険人物と見做し、赤枠で表示

運用(採用)実績

① ソチ オリンピック

② ロシア国内のデパート

③ ロシア政府機関、空港

記録画像からの事後解析能力

① ボストン マラソンの爆破テロ犯人画像の解析

② ハンドバックを窃盗直後画像の解析

③ 下着窃盗犯の不法侵入直後画像の解析

DEFENDER-X の特徴

  • 不審者を入場時点で事前に検知し追跡することにより、犯罪の未然防止が可能
    (従来の監視カメラシステムでは、犯罪の記録としてしか効果を発揮しない)
  • 照合用データーベースは不要、不特定多数の中から不審者の検知が可能
    (犯罪者のデーターベースとの照合方式ではデーター外の検知は不能)
  • リアルタイム映像だけではなく、録画画像でも不審者の検知が可能
    (犯罪者の特定と事件の早期解決に寄与)
  • 入出国者の警戒、公共機関・施設の治安維持、マンション等施設の入場監視、デパート等での万引き摘発など、様々な用途に活用可能
  • 既存の監視カメラシステムへの付加が容易に可能であり、既存のシステムに影響を与えない
    (カメラや録画装置の利活用により省コストでの導入が可能)

製品の信頼性(ソチ オリンピックでの検証例)

警備状況

  • パビリオン数 : 17(262 GATE)
  • 監視カメラ設置台数 : 262台(1台/GATE)
  • システム設置台数 : 131SET(カメラ2台/SET)

検査結果

  • 来場者数 : 270万人(ピーク時:12万人/日)
  • 検査場1ヶ所当たりの通過人数 : 1200人/日(ピーク時)
  • 検査場1ヶ所当たりの検知人数 : 5~15人/日

検知人数に対する不審者の割合=92%
(不法所持72%、異常行動8%、その他20%)
  • 本人拒否率(False Rejection Rate)=8%
    誤って不審者と判定したエラー

  • 他人受入率(False Acceptance Rate)=0%
    不審者を検知出来なかったエラー

運用条件、設置環境について

最適な運用条件、設置環境

  1. 解 析 所 要 時 間 :
    2~5秒を確保できる環境(5秒以上は更に精度向上)
  2. 人物像の大きさ:
    画面に10人以内の大きさが目安
  3. カメラの設置環境:
    セキュリティゲート、改札、施設の出入り口等の様に、少人数の入場者を正面から大きな被写体で捉える事が出来る位置へのカメラ設置風等の影響でカメラ自体が振動しない環境で運用する
  4. 接続するカメラ数:
    カメラ映像の情報量と、画像解析させるパソコンの能力(CPU、メモリ)の関係から、1台のパソコンに接続 するカメラは2台以内が望ましい

システムの前提条件

  • 犯罪を犯す潜在的可能性の高い者を事前に検知するが、検知後の犯罪発生の絶対性を保証するものではない。(犯すかも知れないし、犯さないかも知れない)
  • 施設入場時点では犯行動機の無かった人物が、施設入場後のシステムが監視していないエリアにおける衝動的な犯罪行為は検知の対象外
検 査 場 の 概 要

特許及び弊社の独占販売権

技術の原理や方式、システム及び必要な周辺装置は、ロシア及びアメリカにて特許登録されています。

お問い合わせ

メール:vibra@marubun.co.jp