低価格デジタル出力圧力センサ DPS 5000 シリーズ

低価格デジタル出力圧力センサ DPS 5000 シリーズ

DPS 5000はデジタル信号処理を採用したシリコン・ピエゾ抵抗式圧力センサです。完全アナログ・センサではできなかった性能をデジタル補正で実現しました。補正された圧力値がI²Cデジタル信号として出力され、必要な場合、温度信号やセンサのメモリに格納されているパラメータを確認することが可能となっております。また、消費電流を抑える常時スリープモード機能が備わっているため、高精度・長期安定性に加え、コストを抑えた圧力計測を可能とします。

主な製品仕様

圧力レンジ
0~7kPa(最小)… 0~10MPa (最大)【ゲージ圧/絶対圧】
精度
(非直線性+ヒステリシル+繰り返し性+温度特性を含む)
±0.1%FS 【ゲージ圧】
±0.2%RDG【絶対圧】
長期安定性
±0.05%FS/年(typical),±0.1%FS/年(max)
出力
I²Cスレーブ・デバイス、データレート100kHz
電源電圧
2.7〜3.6Vdc
消費電流
スタンドバイ時:<50μA
データ取得時:<2mA
使用温度範囲
-40〜+85℃
本体材質
ステンレス材料
電気接続
ポリウレタンケーブル
圧力継手
G1/4メス,G1/4オスフラット,NPT1/4メス,NPT1/4オス