マルチプラットフォーム VoLTE & RCS(リッチコミュニケーションサービス)向け開発キット / BEEHD

BEEHDはLTE(VoLTEおよびViLTE)ソリューション上でのIPベースミッションクリティカルアプリケーション(音声およびビデオ)の開発を促進する、チップセットベンダ、デバイスメーカー、システムインテグレータ、アプリケーション開発者およびサービスプロバイダ向けに設計されたクロスプラットフォームのクライアントフレームワークです。 BEEHD MCPTTクライアントフレームワークを使用することで、LTEでの高品質オーディオとビデオの配信、画像と情報のリアルタイム共有、インスタントグループ通信、チャットなどが実行できます。

特 長

  • 特許取得済みの通話品質保証アルゴリズムによる最高のメディア品質
  • ハードウェア・インテクレーションとモバイルデバイスへの親和性
  • 各オペレーティングシステムとデバイスとのクライアントコアの共通化
  • 高度なカスタマイズを容易に実現
  • 必要機能を加え広範囲な機能セット
  • 市場での実績
  • LTE対応デバイス等に対してMCPTTの導入が容易
  • Android、iOS、Windows、Macをサポート
  • 独自アルゴリズムのNetSenseによりパケットロスの影響を極限に回避
  • H.264 SVCの採用により最適化された映像の送受信を実現

BEEHDモジュラーアーキテクチャー

ソリューションポートフォリオ

エンタープライズ、IMS / VoLTE、ミッションクリティカルコミュニケーションソリューション向けのアプリケーションやデバイスに音声、ビデオ、メッセージングサービスを迅速に追加できます。

ソフトウェアアーキテクチャ