システム機器

AIXTRON
AKIM
Bird Technologies
DCG
EXFO
First Sensor
GRAS
IRIS POWER
laserline
MEGGITT
Microsemi
AVIO
unihite

システム機器取扱メーカー一覧

システム機器取扱メーカー一覧

システム機器のカテゴリー

システム機器製品ソリューション一覧

近年、電力機器の状態監視は保全計画の必須のツールとなり、機器停止までの間隔を延ばし、保全費用を最小化し、機器を最大限に活用できます。 予知保全、または状態監視保全は、電動機や発電機など信頼性が高く高価な機器の維持費全体を抑えるための最も良い方法として急速に認められています。予知保全は、機器に何らかの不具合が進行していることをオンラインモニターが示した場合のみ機器の通用を止め保全計画をする手法です。従って、機器の停止は、最後の点検停止からの経過時問や運用時間に基づいてはいません。

CPI Satcom Divisionの衛星通信用ハイパワーアンプは、1970年代より販売を開始してから、150ヶ国以上で40,000台以上の採用実績を持つ信頼性の高い製品です。ラインナップとしては、TWTA(進行波管アンプ)やKPA(クライストロンアンプ)、SSPA(固体アンプ)等があり、高効率、小型、長寿命等の要求に応じた製品を提案いたします。

ガラス、化合物、シリコン等各種ウェハーの状態把握、異常解析に関して最適なソリューションを提供し、歩留りの低下・不良品流出・品質保証に貢献します。

カナダEXFO社はネットワークテストの総合メーカーです。1985年の設立以来、通信ネットワークの分野で高精度、高信頼性なテストソリューションを提供しています。多くの製品がマルチレイヤーに対応しており、R&Dからコマーシャルネットワークのあらゆるシーンで最適なソリューションを提供します。OSA、CD/PMD、OTDR変調解析などの光学試験からSONET/SDH、OTN、イーサネット、ファイバチャンネル等の各種インターフェイスのネットワーク試験、VoIP/VoLTE/IMSネットワークシミュレータやアナライザ等...

HFT(High Frequency Trading)をはじめ、金融系のネットワークではあらゆる面でハイエンドのスペックを要求されています。なかでも時刻同期はもっとも重要なファクターで、ティッカー情報・約定・ログ管理まで全てのタイミングが高精度に同期されていなければなりません。
Microsemi FTD社ではこのようなニーズに応えるため「分散型クロックPTPネットワーク」ソリューションを提唱しています(Distributed Grand Master Clock)。これは、多数拠点をそれぞれ...

携帯電話基地局・放送基地局や様々な基地局アプリケーションに利用可能なGPS受信モジュール ​や​ルビジウム発振器​、 ​携帯電話基地局からの RF信号の品質測定・解析や干渉波の発生源位置特定システム​等のソリューションをご提供いたします。

丸文株式会社では、車載エレクトロニクス分野で、HEV/EV搭載のパワーデバイス及びIPMの組立・検査工程において最先端の技術と豊富なラインナップで最適ソリューションをご提供します。

モバイルバックホール、基地局、FA向けにネットワークを用いた、ナノ秒レベルでの高精度な時刻周波数同期を実現する次世代同期技術IEEE1588 Precise Time Protocol(PTP)を採用した製品やリアルネットワークでのパケット遅延変動(PDV)を計測・再生が可能な解析装置を提供いたします。

GPS衛星から受信し、協定世界時に同期した時刻信号、タイミング信号、周波数信号を生成するためのGPS受信機や、システムの中央部である種類の時刻信号を様々なフォーマットに変換を行うタイムコードジェネレータ・トランスレータ及び、一つの信号を複数のシステムに配信するための分配配器など、Microsemi FTD社はインターフェイス、スペック、価格などの観点から、幅広いラインナップを取り揃えています。
Microsemi FTD社/丸文株式会社としては20年以上に渡り、安定したシステム構築の実績を誇り...

様々な市場、アプリケーションにおいて、高精度かつ高安定度な基準信号のニーズが高まっております。米国Microsemi FTD社(マイクロセミ社)は、このニーズに対応する為に最先端の水素メーザ、セシウム、ルビジウム周波数標準を設計・製造・販売しており、幅広い品揃えです。丸文株式会社は米国Microsemi FTD社(マイクロセミ社)の周波数標準ソリューションをご提供いたします。

企業間の電子取引、セキュリティ管理、装置運用、電子署名はネットワーク上、全てのシステムの時刻が正確で、セキュアに同期している場合に限り、はじめてその効力を発揮します。しかし、システムが問題を抱えたまま運用されると、顧客やビジネスパートナーの信頼を失いかねません。

丸文株式会社では、「研究解析向け品質管理」「製造検査」において、最先端の技術と豊富なラインナップで最適ソリューションをご提供します。