3軸高温用(+175℃)アンプ内蔵型加速度計 Model 65HT-10

3軸高温用(+175℃)アンプ内蔵型加速度計 Model 65HT-10

米国Meggitt社(旧Endevco)のModel 65HT-10 3軸アンプ内蔵型加速度計は、耐高温部品と最新プロセスを駆使して開発されました。マイクロエレクトロニクス回路は、+175℃の環境で長時間使用していただくことが可能になりました。10mm角におさまるパッケージは、ケースにチタンを使用し、重量はわずか5グラムです。

特長

Model 65HT-10は高い耐衝撃性能、オーバーロードプロテクション、そしてすばらしい直線性と位相特性を有しています。自動車関連の構造解析、部品試験、恒温槽内での試験、一般的な試験にと幅広いアプリケーションに対応いたします。加速度センサのサイズを抑えることで、より小さな構造物の計測が可能になりました。Model 65HT-10は、高分解能、低インピーダンス出力を実現しました。ダイナミックレンジは500G,5000G,10000Gから選択できます。また、耐衝撃性が高いため、衝撃試験でも使用することが可能です。 加速度センサとのジョイント部は、溶接密閉タイプの4ピンコネクターです。本加速度センサには、同社のModel 133、2775Bを推奨しております。

基本性能

レンジ ±500G ±5000G ±10000G
感度 10mV/G 1mV/G 0.5mV/G
周波数特性 1〜6,000Hz
耐衝撃 10000G 15000G
サイズ 10x10x10mm
重量 5g
温度範囲 -55℃~+175℃
ケース材質 チタン
付属品 3軸ケーブル

アプリケーション例

自動車 構造解析
モーダル解析
エンジン付近の振動実験
給排気付近の振動実験
航空宇宙 構造解析
モーダル解析
その他 衝撃試験
恒温槽内での部品の振動試験