連続監視用 高機能型 部分放電測定機 (モーター用) BusGuard II

連続監視用 高機能型 部分放電測定機 (モーター用) BusGuard II

BusGuard IIシステムはBusカプラーをセンサとして小型タービン発電機やモーターの部分放電(PD)を連続監視し自動でデータを収集します。
負荷や温度条件が変動しても部分放電(PD)の分析が可能になります。

システムはデータ収集ユニット(DAU 各回転機ごとに1台)と共通のシステムコントローラから成り立ちます。
BusGuard IIシステムは、負荷、温度、動作電圧、NQN値などのユーザがプログラム設定した値をトリガーとして部分放電(PD)データを収集することができます。
データをBusGuard IIシステム・コントローラにダウンロードしてトレンドや比較分析用に管理できます。
測定結果はモデムやネットワーク接続でリモート・アクセスが可能です。

関連商品