RF パワー・アナリスト Model 4391A

RF パワー・アナリスト Model 4391A

BIRD社(バード社)のRF パワー・アナリスト Model 4391Aは、CW信号測定だけでなく、ピークパワー測定を可能にしたデジタル表示式ワットメータです。
エレメントを2個使用しており、進行波と反射波の測定をボタン一つで切り換えることが可能です。また、VSWRやリターンロスも表示可能なため、医療や通信等の保守・研究分野で利用されています。

RF パワー・アナリスト Model 4391A 仕様

パワーレンジ 100mW から 10kW
周波数範囲 450kHz から 2.7GHz
VSWR 1.05以下(1GHzまで)
精度 フルスケールの±5%
電源 AC電源 or 充電池
エレメント ポータブル・ワットメータ用エレメントガイドを参照
*)エレメントにより若干異なります。

BIRD社のワットメータについて

BIRD社(バード社)のワットメータ(高周波電力計)は、ダイオード検波方式を利用した通過型のRF電力計測器です。センサ部にはBIRD社独自技術のプラグイン・エレメント方式を採用しているため、測定範囲の変更が容易で、広範囲かつ精度の高い測定が可能です。また、小型かつ軽量で持ち運びが非常に便利となっておりますので、お客様の様々なご用途にお役に立てることをお約束いたします。

  • 注1)標準のコネクタはQCタイプN型メスとなっております。ご使用条件に合た定格のQCコネクタ(別売)をご選定下さい。
  • 注2)いずれの製品も、パワーレンジと周波数範囲はエレメント選択により決定されます。

関連商品