巻線短絡検出と分析装置

巻線短絡検出と分析装置

発電機のエアギャップ内の電磁束によって発生する波形を集積と分析するために特別に設計されたソフトウェアとハードウェアです。
ソフトウェアはローター巻線の短絡状態の正確な指標(コイルとスロットの番号、短絡の数を含む)を提供します。

ソフトウェア

  • 2極、4極、突極 60Hzまたは50Hz
  • OS - Windows XP

信号処理

  • 70,000 サンプル/秒 集積
  • アナログ/デジタル変換
  • 集積データの品質を最適化するための信号変換
  • 極を認識するために1回転ごとのトリガー
  • データ集積のために電源ラインのサイン波でトリガー

コンピューター

  • ペンティアム・ベースのノートパソコン (お客様先支給可能)
  • Windows XPとGeneratortech社製のソフトウェア (インストール済み)

アクセサリ

  • 必要なケーブル類、電源、取扱説明書、キャリング・ケース

参考文献