ENTRYマイナビ2019

Top > 丸文の仕事 > 丸文の事業

丸文の事業

丸文株式会社は設立以来、エレクトロニクス技術を基盤とする産業と研究開発分野を事業領域とし、新たな時代を切り拓く商品・情報・サービスの提供に努めてきました。現在では、半導体などの各種電子部品や先端エレクトロニクスを駆使した電子応用機器を、コンサルテーションからシステムアップ、導入後の保守・メンテナンスに至るまで、一貫したエンジニアリングサポートとあわせて提供しています。丸文グループは今後も、この事業領域を通じて培ったノウハウを最大限に発揮し、実りある社会へ向け貢献していきます。

デバイス事業

丸文では、マーケティングから技術サポート、デリバリーまで、半導体ビジネスのトータルソリューションを提供しています。
お客さまと仕入先の接点に立った顧客密着型のビジネスを基本に、お客さまのメリットを追求した部材調達をめざしています。
お客さまの製品開発動向や生産計画を察知し、設計段階から製品化時点を見越した最適な技術情報やサポートをスピーディーに提供します。また、大規模な物流センターと最新の情報システムによる管理体制で、商品のジャストインタイムと安定供給を実現します。

デバイス事業の実績と特徴

日本で初めてICを輸入!
丸文は、アメリカのテキサス・インスツルメンツ社が発明した集積回路(IC)の輸入販売に乗り出し、1965年、日本に初めて集積回路を紹介しました。現在、日本の主力産業となったエレクトロニクス産業を実質的にスタートさせる歴史的にも意義ある役割を果たすことができました。
販売だけでなく、トータルソリューションで提供!
デバイス事業が取り扱うのは、国内外のトップレベルメーカーのデバイスで、幅広い商品を取り揃えています。お客さまへの設計・開発サポートや、世界規模での製品調達機能、バーコードシステムを導入した物流管理、仕入先とお客さまの要望をつなぎ合わせるビジネスコーディネートなど、あらゆるビジネスシーンで、お客さまへのソリューション提案を行っています。

システム事業

丸文では、幅広い分野で時代の中枢を担うエレクトロニクス製品を、大学、官公庁の各種研究機関をはじめ、先端企業の研究開発部門などに提供しています。導入前のコンサルテーションから、システム提案、据付、操作トレーニング、技術サポートに至るまで、グループ企業一体となったサポートが可能な丸文株式会社だからこそ提供できる商品ばかりです。個々のお客さまのニーズを理解し、そのニーズに見合う商品を、ときにはシステム化したり、他の商品と組み合わせたり、場合によっては情報網を駆使して見つけ出したり、仕入先に開発依頼したりして、お客さまの満足に応えられるよう、技術志向商社ならではのきめ細かな活動を展開しています。

システム事業の実績と特徴

レーザーを初めて紹介!
丸文は、1957年、アメリカ製テープレコーダーの日本における販売代理店契約を取得したことを皮切りに、放送機器、航空機器、レーザー機器など取扱商品を広げてきました。これが現在のシステム事業の礎となっています。特にレーザー機器は1964年、日本で初めて輸入・販売に成功しています。システム事業には、こうした開拓精神があふれ「いかに新しいマーケットを切り拓くか」という観点からビジネスに取り組んでいます。

海外展開

ワールドワイドにおける半導体ビジネス
アローエレクトロニクス社との合弁ビジネス
丸文は、1998年に世界最大級の半導体商社であるアメリカのアローエレクトロニクス社と提携し、合弁会社丸文アローを設立しました。世界的な規模で、お客さまと仕入先を結ぶ高品質のサプライチェーンを提供するために、 一社ですべてを供給できる豊富な商品ライン、情報インフラ、物流ネットワークを整備してきました。このワンストップ・ショッピングによる購入窓口の一本化と、設計から海外量産までの一貫したサポート体制で、当社はお客さまの調達業務の効率化・簡素化の実現に貢献しています。また、600社を超える豊富なラインカード、サプライヤー情報を持つアロー社のリソースを共有することにより、お客さまに、より高付加価値のサービスを提供することが可能になります。丸文の幅広い顧客基盤とセールスパワー、また、アロー社の豊富な取扱商品とグローバルな展開力を活かして半導体・電子部品のグローバル流通ネットワークを構築しています。