BioStamp nPointに関するFAQ

BioStamp nPointに関するFAQ

Q1 標準キットにセンサは何枚ついていますか?

A1
センサは、3枚付属されます。

Q2 センサだけ購入したいのですが?

A2
現状、センサ単体での販売は行っておりません。
センサだけでは計測データの取得ができませんので標準キットの購入が必要になります。

Q3 測定点を増やしたいのでセンサを追加したいのですが?

A3
センサを追加する場合は、標準キットを入手されている事が必要になります。
その上でセンサを追加増設する場合は、「リモート・キット」として増設していただく事になります。
「リモート・キット」1セットの構成は、センサ3枚、充電器ハブ1台、アプリケータジグ 1台、
両面テープ 30枚

Q4 キットに付属されているAndroid系のスマホ(リンクフォンもしくはシンクフォン)の代わりに自分のスマホを使用したいが?

A4
2つの点で現状では、付属されたスマホ以外は、使用できません。
①充電器ハブ(リンクハブ)とのメカニカルなコネクトが保証できません。
②バイオスタンプのアプリは、現状「Playストア」にアップロードされていません。アプリのインストールは、専用スマホに対して製品出荷時にのみ実施されています。

Q5 iOSに対応しますか?

A5
現在、iOSへの対応はございません。

Q6 バイオスタンプは、医療機器ですか?または、将来上市する予定はありますか?

A6
現状のバイオスタンプnPointは、医療機器ではありません。
研究用の支援ツールです。
今後、バイオスタンプ・シリーズの中には、将来的に医療機器として上市されるものもラインナップされる可能性はありますが、その際は、医療機器としての効果効能を明確にして上市されます。

Q7 nPointを使用して開発したアプリの所有権は、使用者に担保されますか?

A7
担保されます。

Q8 データ内の個人情報取り扱いは?

A8
改正個人情報保護法の観点からMC10の提供するクラウドでは、匿名化した被験者データのみを入力していただくことになっています。
被験者名の入力には、個人が特定できる情報を入れないでください。これは利用規約にも詳細が記載されています。


Q9 センサの保証期間は?

A9
納品日から1年間です。

Q10 クラウドのセキュリティは?

A10
MC10では、AWSのクラウドサーバを使用しており、セキュリティのレベルは、下記のボタンからご覧ください。

Q11 API:Web APIについて

A11
クラウド・ポータル画面右上にある HELP > API Docs のリンク先(https://mc10cloud.com/biostampnpoint/#/api)にて、公開されているWeb APIの一覧を確認することが可能です(Fig.1参照)。これらを利用することにより必要なデータに対しHTTPリクエストをかける事が可能となります。


※なおセンサデバイス⇔タブレット間のAPIについては非公開となっております。すなわち本製品はMC10が管理するクラウドを介してのデータ利用が前提となっております。  

Q12 時刻:センサ計測における時刻データの精度について

A12
BioStamp向けアプリでは計測開始時(Start Recording押下時)にNTPサーバの時刻を取り込み、センサ内部のRTC(リアルタイムクロック)を時刻校正します。RTCのドリフト特性は、Max 10ppm(24時間の計測データで最大1秒のドリフト)となっております。

Q13 時刻:他機器データとの時刻同期について

A13
BioStampにおきましては電気信号等による他機器データとの同期機能は有しておりません。BioStampにて取得されたデータはMC10社のクラウド(Investigator Portal)からCSVおよびAPI経由で取得できますが、他機器データとの同期精度やデータ品質については、MC10社の保証対象ではございませんのでご承知おきください。

Q14 国内電波法に準拠していますか?

A14
はい。平成30年4月25日付で総務省の技術基準適合証明を取得済みです。