介護支援ロボットの活用例|介護現場の負担軽減を手助け

介護支援ロボットの活用例|介護現場の負担軽減を手助け

介護業界では介護スタッフの人員不足や業務過多、認知症患者とのトラブルなど様々な課題を有すると言われています。このような課題に対し、最新テクノロジーを活用した、AI搭載型の介護支援ロボットの導入で介護スタッフの負担を軽減できます。当ページではアイオロス・ロボットの想定ユースケースをご紹介します。

ロボット活用事例一覧

施設内感染予防事例 ※感染予防対策

ロボットを通しての巡視、会話が可能なため、必要最低限の接触に抑えることができることにより、施設内での感染拡大を防ぐことが可能。

施設内除菌の事例 ※感染予防対策

UV-Cライトを使用することで施設内の手すりや椅子、エレベータのボタン等、人が触れる箇所を除菌することが可能。
任意の対象物、除菌実施時間を設定することで、ロボットが自律走行で除菌を実施。
局所的にUV-Cライトで除菌し、人が近づくとライトを消灯するので、安全性にも優れる。
※広範囲版ライトも開発中/短時間に効率良く除菌可能

介護支援ロボットとの協働による介護スタッフの負荷軽減

ロボットとの共働が重要。複雑な仕事は人間が担当し、単純作業だが時間を奪われる業務をロボットが担当する。それにより介護スタッフの時間を創出し、入居者と向き合う時間が増える。

  • 運搬(洗濯物、おむつなどの日用品、ゴミ収集)
  • 夜間巡視

介護支援ロボットの施設見回りの事例

エレベーターへの乗り降り、スライドドアの開閉ができるため、単独で各居室の見回りが可能。姿勢検知で転倒を検知し、スタッフのスマートフォンに映像でアラーム。スマートフォン越しに会話もできるので、スタッフは現場に行くことなく状況確認可能。夜間のスタッフの休憩時間を確保し労働環境改善に一助。

介護支援ロボットの物体運搬事例

運搬をロボットに任せることで、スタッフの負担軽減と入居者に向かい合う時間を捻出。自分でエレベーターのボタンを押し、スライドドアを開閉できるのでフロア間の移動も可能。

ご入居者様とそのご家族等の入退室管理事例

人物認識機能を用いて、受付にて入退館者の管理をすることが可能。
いつ、誰が入館、退館したかを記録し、現在施設内に誰が居るかもアプリを通してスタッフが確認することが可能。

誤薬防止事例

QRコードを設定することで、ロボットが誤薬防止のダブルチェックを行うことが可能。

認知症患者様の徘徊防止事例

人物認識機能を用いて、特定の人物が一人で歩いていたり、外に出ようとした場合にスタッフへアラームを実施。
スタッフが付き添っているか否かを認識できるため余計なアラームはあげません。
ロボットを通して話しかけることも可能。

不要不急のナースコールへの対応事例

不要不急のナースコールに対してロボットが一次対応。その状況をスタッフが動画で確認し、必要に応じて現場対応することで、スタッフの不要不急な出動を抑えることが可能。

ハラスメント防止事例

ロボットが記録した映像や音声を残すことで、ハラスメントの防止をすることが可能。

介護記録補助事例

ロボットが記録した映像や情報を介護記録の補助として使用することが可能。