凸版印刷|バッテリーレス表示機能付きRFIDタグ「Near cross®︎ D 2.9」

凸版印刷|バッテリーレス表示機能付きRFIDタグ「Near cross®︎ D 2.9」

凸版印刷は、電子ペーパー搭載RFIDで製造現場のDX化を支援。
バッテリーレス表示機能付きRFIDタグ「Near cross® D 2.9」を開発し、製品のトレーサビリティや製造現場での省人化・ペーパーレス化に貢献します。

⼯程管理に使⽤される紙にかわるバッテリーレス表⽰機能付きRFIDタグ

凸版印刷は、電池交換や充電などのメンテナンスが不要なバッテリーレス表示機能付き RFID タグ「Near cross® (ニアクロス) D 2.9」を開発いたしました。
「Near cross® D 2.9」は製造現場に多く使用されている通信規格 ISO/IEC 15693※1に準拠した HF帯RFIDを使用しているため既存のリーダーライタでの読み取りと書き変えが可能です。またリーダーライタから、搭載している E Ink※2製電子ペーパーディスプレイ(以下 電子ペーパー)の表示を3秒程度で変更することができ、10万回以上の表示変更が可能。RFIDの通信に使用される電力を電子ペーパーの書き換えに利用する省電力設計を行っているため、電池交換や充電などのメンテナンス作業を省くことができます。これらにより、RFIDによるトレーサビリティに加え、製造現場での省人化やペーパーレス化に貢献します。

※1 ISO/IEC15693 13.56MHz 帯を用いた近傍型 RFID を対象とする国際標準規格です。
※2 E Ink E Ink Holdings Inc.(本社:台湾新竹市科學工業園區力行一路 3 號、会長:Johnson Lee)
  URL: https://jp.eink.com/

無線電力を活用した表示書換が可能なバッテリーレス表示機能付きRFIDタグ システム概要

RFIDシステム概要

①リーダーライターでUIDを取得
②UIDに対応するデータを参照し、画像もしくは表示コマンド等を生成
③生成された画像もしくは、表示コマンド等をリーダーライターから『Near cross® D 2.9』に書き込み
④書き込まれたデータに伴い『Near cross® D 2.9』の表示を変更
※上記はシステム概要の一例となります。

RFIDシステム特長

「Near cross® D 2.9」の特長

  • リーダーライタで電子ペーパーの表示内容を変更することが可能
    • 「Near cross® D 2.9」は、RFIDとの通信により、電子ペーパーの表示内容を変更することが可能です。また、製造現場で多く使用されている通信規格ISO/IEC 15693に準拠したRFIDを搭載しているため、一つのリーダーライタで、当規格に対応したRFIDと共に「Near cross® D 2.9」を運用することが可能です。
  • 電池交換や充電などのメンテナンスが不要なバッテリーレス機能を実現
    • 「Near cross® D 2.9」に搭載している電子ペーパーは電力なしで表示し続けることが可能です。表示変更には、無線通信時の電力を利用してバッテリーレスを実現。電池交換や充電などのメンテナンスが不要になります。
  • バックライトが不要なため、バーコードや QR コードなどの表示に最適
    • 「Near cross® D 2.9」に使用している電子ペーパーは反射光によって視認されるため、バックライトによる自発光が不要です。そのため、太陽光の下でも視認性が良く、赤色光やカメラなどで認識されるバーコードや QR コードなどの認識率を高くすることができます。
  • 簡易に表示内容を変更できるため、多言語での表示が可能
    • 物流ラベルの張り替えや指示書の作成などが不要で簡単に電子ペーパーの表示を変更することができ、多言語での表示も可能です。これにより、外国人労働者に対する指示や情報伝達を最適に行うことができます。

登録商標について
※「Near cross」は凸版印刷株式会社の登録商標です。
※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。