スケールフラックス|コンピューティング・ストレージ・デバイスのご紹介

スケールフラックス|コンピューティング・ストレージ・デバイスのご紹介

スケールフラックス(Scaleflux )の提供するComputational Storage Drives(以下CSD)は、SSD内に高機能の圧縮・解凍プログラムや、パフォーマンスアップと安定化のためのプログラム等をプリインストールしたFPGAを搭載し、CPUを演算に専念させることでシステム全体の低遅延と高速化を実現します。加えて、CSD製品の圧縮機能を用いることでストレージ容量の削減、SSDや物理サーバーの台数削減が図れるとともにSSDの長寿命化にも貢献します。

Computational Storage Drive -CSD-

CSD 2000 は、フラッシュコントローラ機能と高速データ圧縮/解凍エンジンを内蔵の FPGA 上に統合することで、ユーザーに「プラグアンドプレイ」ソリューションを提供します。データ圧縮/解凍処理からホストの CPU を解放し、データの移動を最小限に抑え、ドライブ内でのデータ圧縮により NAND アレイへのアクセスを最小化することで、レイテンシーとスループット、ドライブ寿命を改善します。

活用シーン

SSD搭載のサーバーをスケールアウトして、パフォーマンス面、コスト面、寿命面での効果を得る場合
Webスケーラー(ECやゲームなどのWebアプリケーションサービス)

SSD搭載のサーバーを限られた場所や条件で、コスト面、寿命面での効果を得る場合
製造業 R&D部門の中小規模CAE基盤(流体等各種解析基盤、AI解析、ディープラーニング、マシンラーニングなど)、Pre/Post Processデータ、設計部門のCADデータ
独法系研究機関 中小規模の各種解析基盤のデータストア
IoT エッジ・コンピューティング、または関連する一時データストア(生産ラインや先進的農業等)
中小の多拠点展開 チェーン店舗、営業店、ビル管理、物流拠点、工場、市区役所、クリニック、 学校、塾、等へのスモール・サーバー向け
学術系 光学系分野などにおける RAW IMAGE データなどを多く取り扱う機器向け
システム開発 Linux ベースの開発環境におけるユーザー・データ用 (開発中などのデータベース、 コード、ログ、その他)
組み込み型システム 電子顕微鏡装置、イメージデータ処理(天体望遠鏡のローイメージデー タ)、4K/8K放送・映像機器、産業用サーバーベンダーなど

圧縮によるストレージ・コスト削減

  • HW による透過的なインライン圧縮/解凍により低 GB 単価を実現
  • CPU からソフトウェア圧縮処理によるサービスに不要な負荷をなくすことで、サービス全体のパフォーマンスの向上
  • SSD ストレージコストの削減や、スケールアウト型サービスにおける総サーバー数の削減を実現し、また場所と電力も削減

様々な使用状況においても安定したパフォーマンスを提供

  • ストレージ負荷や読込/書込混合ワークロードにおいても、その高さや比率にかかわらず、安定したパフォーマンス (低遅延、一貫性のある IOPS ) でのアクセスを提供
  • ピーク性能だけではなく、あらゆる場面において安定かつ一貫性のあるパフォーマンス・トレンドを提供することでシステム全体のパフォーマンスが向上

CSD 2000 シリーズ 製品ラインナップ

フォームファクタオーダー番号容量(TB)
CSDP3RF040B1 4
CSDP3RF080B0 8
CSDU3RF040B1 4
CSDU3RF080B0 8

ご紹介から導入までの流れ