Telit|5G通信を実現するTelit社製品:FN980

Telit|5G通信を実現するTelit社製品:FN980

大容量通信を実現するソリューション
Telit社はLTEなどのセルラーやW-Fi/Bluetoothなど数多くの組み込み用途向けの通信モジュール製品を取り扱っています。
Telit社製の通信モジュールのご利用イメージを知っていただき、今回は話題の5GやLocal 5Gでご利用できる製品を紹介いたします。

組み込みの通信モジュールとは

通信モジュールとは

小型の基板上に無線通信に使用するRF部品、CPUおよび周辺回路を搭載し、通信機能を制御するソフトウェアを実装した電子部品です。ユーザーは、このモジュールを使用することで、HW的な細かい調整をすることなく、コマンド等で通信を確立することができます。そのため、自社の製品に無線機能を付加することが容易にできます。

通信モジュールには、Wi-Fi、Bluetooth、LTE、5G通信などがあり、この応用製品にはPC周辺機器やタブレットで多く利用されております。

機器に組み込まれる通信モジュール

PC周辺機器やタブレットでも利用される通信モジュールですが、最近はIoT機器に組み込んでデータをクラウドにあげて管理するという用途が増えております。スマート農業やスマートハウスで、温度、湿度、照度などのセンサ情報をクラウドにアップしたり、その内容の解析から、効率的に空調管理や照明を制御するなどの管理に利用されます。

IoTやM2M機器としてWi-FiやBluetoothをよく利用されますが、移動する機器やどこでも容易にネットワークと接続する手段として、NTTdocomo、KDDI、Softbankといった通信事業者と接続できるLTEや5Gの通信方法があります。

GNSS機能付き

GPS(Global Positioning System)は、飛行機、船などに利用されている1980年代にアメリカが開発した衛星測位システムになります。人工衛星から発信した電波を用いて、専用の受信機で自分の位置を調べることができ、車のナビゲーションによく利用されております。

現在の衛星測位システムはGPSだけでなく、ロシアのGLONASS、欧州連合のGalileo等の衛星測位システムがあり、これらの総称をGNSS(Global Navigation Satellite System)と呼んでいます。

Telit社のモジュールは、GNSS機能(一部のモジュールはオプション機能)が付属しております。

5G/ローカル5Gとは

5G(第5世代移動通信システム)とは

LTE/4Gの次世代として、日本では2020年より本格展開が行われている第5世代移動通信システムになります。従来の通信システムに比べて、高速/大容量になり、多接続、低遅延(リアルタイム)を目指しております。

ローカル5Gとは

5G端末を通信事業者が提供するネットワークに接続するのではなく、企業や教育機関、自治体が特定のエリア・建物内に専用の5Gネットワークを構築し、プライベートに利用する方法です。ローカル5Gネットワークを構築する場合には、独自に5G基地局設備、5Gコア設備及び5G端末を用意する必要があります。

5G/ローカル5Gは、次世代の通信システムとして、農林水産業、製造業、インフラ、運輸・交通、防災、医療、観光など多くの分野で活躍が期待されています。

5G/ローカル5Gを実現するTelit社の5Gモジュール

Telit社では、従来からある3Gや4G/LTEのセルラーモジュールも扱っております。今回は、5GをサポートするFN980をご紹介します。

FN980

●製品概要
Telit社のFN980は、LTE、WCDMA、GNSSのサポートに加えて、主要なSub-6周波数帯をサポートしています。ノンスタンドアローンLTE-5G NRデュアルコネクティビティ(EN-DC)および、LTEと5G間の動的周波数共有にも対応しています。産業用グレードとして設計された本モジュールは、業務用ルーターやゲートウェイ、固定無線アクセス、業務用の高精細モバイル映像放送機器、遠隔操作支援アプリといった、最大限の信頼性を必要とするミッションクリティカルな用途に最適です。

特長
・M.2インターフェイスカード
・5G sub-6 FDDとTDD、mmWaveのサポート(FN980mのみ)
・日本及び海外とグローバルな展開が可能
・SA(スタンドアローン)とNSA(ノンスタンドアローン)の運用をサポート、5GコアネットワークOpt.3a/3xおよびOpt.2に対応
・4G/5G Rel.15
・4G Cat.20 – 最大7xCA(キャリアアグリゲーション)
FN980は既に5G通信を行う組み込み機器で国内でも利用されており、カメラ画像情報の通信やA.I機器に組み込まれ、利用されております。

FN980
Market
North America, EMEA, APAC
5G FR1
n1, n2, n3, n5, n7, n8, n12*, n20, n25, n28, n38, n40, n41, n48, n66, n71, n77, n78, n79
LTE
1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 14, 17, 18, 19, 20, 25, 26, 28, 29DL, 30, 32, 34, 38, 39, 40, 41, 42, 43*, 46(LAA), 48(CRS), 66, 71
WCDMA
1, 2, 3, 4, 5, 6, 8, 9, 19
Approvals
JRL/JTBL, FCC, PTCRB, RED, GCF, Various MNOs

評価環境

Telit社が提供する評価ボードにはSub-6対応のアンテナが付属しており、電源と5G用のSIMカードを用意していただければ、すぐに通信事業者と接続し、5G通信の実験や評価が開始できます。

おすすめコンテンツ