セイコーエプソン|32ビットマイクロコントローラ『S1C31 Family』

セイコーエプソン|32ビットマイクロコントローラ『S1C31 Family』

S1C31 FamilyはCPUコアにArm Cortex-M0+プロセッサーを採用し、各種タイマやシリアルインターフェイス機能に加えLCDドライバ、USBコントローラー、フラッシュメモリーなどを1チップに内蔵した32ビットマイクロコントローラです。エネルギー効率に優れたCortex-M0+プロセッサーとエプソン独自の超低リークプロセスおよび回路技術で構築・製造されるS1C31 Familyは各種モバイル機器や長期間にわたり環境計測を行うセンサノード端末などの高機能化と電池の長寿命化の両面で貢献します。
本ページでは、セイコーエプソン社32ビットマイクロコントローラ『S1C31 Family』の特長をご紹介します。

32ビットマイクロコントローラ『S1C31 Family』主な特長

  1. 多彩な音声再生手段
    • 電磁ブザー※1、圧電ブザー、スピーカーによる音声再生が可能
  2. 専用ハードウエアブロック「HW Processor」により、各種機能がCPUリソースなしで実行可能
    • 多彩な音声再生機能
      • 2chミキシング音声再生(バックグラウンドミュージック + 音声再生可能)
      • 話速変換機能(75%〜125%, 5%ステップ)
      • 音声だけでなく、バックグラウンドミュージックなどにも十分なサンプリング周波数:15.625kHz
      • 高音質高圧縮音声デコードアルゴリズム搭載(16/24/32/40kbps)
    • メモリ自己診断機能
      • 内蔵RAM(R/Wチェック、MARCH-C START)
      • 内蔵Flash Checksum、CRC
      • 外付けQSPI-Flash Checksum、CRC
    • シンプルなHW Processor制御インターフェイス
      • 専用レジスタに、Function、Commandをセットして、スタートをかけるのみで実行
  3. エプソン音声作成PCツールにより、簡単に音声作成が可能
    • スタジオ録音不要で、PCツールのみで音声データ作成可能(下記言語に対応)
      • アメリカ地域言語:アメリカ英語、アメリカン・スパニッシュ、カナディアン・フレンチ
      • ヨーロッパ地域言語:イギリス英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ロシア語
      • アジア地域言語:日本語、中国語、韓国語
    • PCツール上の音声番号を、HW Processor制御用レジスタへ指定することで音声再生が可能であるため、音声データの接続などのコードの作成・評価が不要に
    • お手持ちの音声データ(wavフォーマット)を、簡単にPCツール内へ取り込み可能
※1 評価ボードにTDK株式会社製の電磁ブザーと圧電ブザーを同梱しておりますので、評価ボード購入後プリセットデモと合わせてすぐに試聴が可能です。

32ビットマイクロコントローラ『S1C31 Family』の仕様

製品型番 S1C31D51
CPUコア
32ビットRISCプロセッサーArm® Cortex®-M0+
フラッシュメモリー容量 192Kバイト(Program、音声データ共用)
RAM容量
10Kバイト(音声非再生時は22Kバイト)
HW Processor
音声再生機能(エプソン独自フォーマット、サンプリング周波数:15.625kHz、2chミキシング機能、話速変換機能)
メモリ自己診断機能(内蔵Flash、内蔵RAM、外付けQSPI-Flash)
Sound DAC
サンプリング周波数: 15.625kHz、モノラル
シリアルインターフェイス UART:3ch / SPI:3ch / I2C:3ch / QSPI : 1ch
A/D変換器 Max 入力8本(12ビット逐次比較型)
電源電圧検出回路 32level(1.7~4.3V)
DMA 4ch(Memory ⇔ Memory、Memory ⇔ Peripheral)
RFC 1ch 抵抗型センサA/D変換、CR発振24ビットカウンタ
赤外線リモートコントローラー 1ch(応用としてELランプ駆動波形を生成可能)
タイマー 16bit Timer(8ch)、16bit PWM(2ch)、 WDT、RTC
メイン動作電圧 動作保証電圧範囲:1.8~5.5V
SPI-Flash I/F電圧 3.3V(3.0~3.6V)
動作周波数 16MHz(VD1電圧モード:mode0)
1.8MHz(VD1電圧モード:mode1)
消費電流※2 RUN:243uA/MHz(VD1電圧モード:mode0)
RUN:155uA/1MHz(VD1電圧モード:mode1)
SLEEP:0.46uA、RTC mode:0.95uA
I/O(入出力ポート数) max 91本
うちUPMUX(ユニバーサル・ポート・マルチプレクサ)max 32本
パッケージ P-TQFP048-0707-0.50(端子ピッチ0.5mm)
P-LQFP064-1010-0.50(端子ピッチ0.5mm)
P-TQFP080-1212-0.50(端子ピッチ0.5mm)
P-LQFP100-1414-0.50(端子ピッチ0.5mm)
※2 環境が標準値、Sleepモード、RTCA=ON、25℃において

『S1C31D51』のデモンストレーション動画は、下記ウェブページをご参照ください

ArmおよびCortexは、Arm Limited(またはその子会社)のUSまたはその他の国における登録商標です。

関連商品