水位監視システム ~広域河川の監視、運用システムの実装が可能~

水位監視システム ~広域河川の監視、運用システムの実装が可能~

IoT 構築プラットフォーム“Vantiq”を利用して広域河川の監視とアラート通知後の運用システムの実装を可能にした水位監視システムをご紹介します。マルチホップ通信を活用することにより安い通信費で広域河川の監視ができます。また、危険水位のアラート通知だけではなく、アラート後の運用システムの実装のニーズにも対応します。クラウドサービスであるVantiqを活用することにより、警備員派遣・安否確認・避難誘導システムの実装が可能です。

水位監視システムの特長

  • 安い通信費で広域河川を監視
    水位データをSmartHopを活用したマルチホップ通信で送信することにより、広域河川の水位データを少ないゲートウェイに集約することができます。
    ゲートウェイの数を減らすことができるため、少ない通信費で水位データをクラウドに送信することができます。
  • 警備員派遣・安否確認・避難誘導システムの実装
    クラウドサービスであるVantiqを活用することにより、危険水位のアラート通知だけでなくアラート通知後の警備員派遣・安否確認・避難誘導システムの実装を可能にします。

システム概要と利用例

  • ベーカー・ヒューズ製(DRUCKブランド)の水位センサにより広域河川の水位を計測します。
  • 沖電気工業製SmartHopのマルチホップ通信により水位データを少ないゲートウェイに集約します。
  • ゲートウェイを介して水位データをVantiqクラウドに送信します。
  • Vantiqクラウドにより、水位の可視化、警備員派遣システム、地域住民の避難誘導システムを実装できます。
  • ゲートウェイとして沖電気工業製のAIエッジコンピューターを使用しているため、将来的にはAI解析の実装も可能です。

危険水位の検知から警備員の派遣・地域住民の避難誘導までの流れ

<ご利用対象者>
●河川を管理している自治体・事業者
●ダムなどを管理している自治体・事業者
●本システムの一部機能を使用したい方
など