Spirent Automotiveソリューション

Spirent Automotiveソリューション

Spirent社の特長あるハイエンド機器を組み合わせることで、車内外の複雑な通信環境をラボ内で再現することが可能です。ICT時代の自動車に不可欠なリアルタイムで大容量の通信を容易に構築できます。

パフォーマンス/コンフォーマンス試験

Spirent社TestCenterはハイエンドIPパフォーマンステスタとして、あらゆる通信試験の場面で使用されている実績があります。最新鋭の制御処理試験機能と帯域負荷試験機能、さらにAVB/TSNプロファイルに適合した試験をワンストップで実行できます。

TestCenter + 基本ソフトウェアパッケージ

  • トラフィック生成&解析
  • L4までのパケット構成をカスタム可能
  • IPv4/IPv6、TCP&UDP、VLAN、映像/音声のキャプチャ&リプレイ対応
  • 10ns時刻分解能
  • 最大256のストリーム生成

TestCenter + 拡張ソフトウェアパッケージ

  • RFC-2544 + VLAN : ネットワークデバイスのベンチマーク試験
  • RFC-2889 + VLAN : スイッチのベンチマーク試験
  • IGMP/MLD IPマルチキャスト試験
  • IEEE 1588v2 ネットワーク同期試験
  • 802.1X 認証VLAN試験

TestCenter + AVB/TSNソフトウェアパッケージ

  • 複数のTalkers/Listenersを模擬
  • 下記標準をサポート
    • IEEE 802.1BA : AVBシステム
    • IEEE 802.1AS : Time-Sensitiveアプリケーションのタイミング&同期(gPTP)
    • IEEE 802.1Qat : Stream Reservation Protocol(SRP)
    • IEEE 802.1Qav : Time-Sensitiveストリームのフォワーディングおよびキューイング(FQTSS)
    • IEEE 1722/1733 : レイヤ2/3 AVB トランスポートプロトコル
    • IEEE 802.1Qbv:Traffi c-Time Aware Shaping
    • IEEE 802.1Qbu:Frame preemption
    • IEEE 802.1QCB:Seamless Redundancy
    • IEEE 802.3Qbr:Interspersing Express Traffic

ノイズ負荷試験

Spirent社AING-5000は多様なパターンのノイズを生成し、様々なノイズが流れる車載ネットワークにおいて、通信信号が受ける影響をラボ環境で検証することができます。BroadR-Reachによる車載イーサネットの実用性を確認するために不可欠なツールです。

ノイズジェネレータ AING-5000

  • インパルスや自動車スターターのオン/オフ シナリオ、電気機械のオン/オフ スイッチのシミュレーション、ファンモーター条件などの高度なモデリングが可能
  • 周波数/時間ドメインの両方でシェイピング/フィルタリング可能
  • 実際に測定されたインパルスノイズ、オルタネータノイズ、AM/FM無線が標準搭載
  • ノイズ時間、バースト数、バースト間隔、開始と終了の周波数バンドのパラメータ等、柔軟な設定が可能
  • ユーザの設定したスペクトルパワー分布(PSD)に従って、無線周波数干渉波の生成が可能

TSNパフォーマンス試験

自動運転を達成するために不可欠なTime Sensitive Networkの評価は、Calnex社Paragonで効率的に実行することができます。 IEEE802.1ASプロファイルに対応し、マスター、スレーブ、ブリッジ/スイッチ等の試験を1台で実行できます。

802.1AS試験

  • 1台ですべてのノード試験が可能
    • Master End Station
    • End Station
    • Bridges/Relays
  • MSE(Master Slave Emulation)よる各ノード試験が可能
  • PDVデータのキャプチャ及び再生
  • 802.1ASテスト用のgPTPプロファイル対応

V2X試験

V2Xエミュレータは多様な外部環境を再現でき、DUTのリアルタイムシミュレーション試験、HILSに欠かせない試験ソリューションです。 Spirent社のGNSSシミュレータ、チャネルエミュレータと組み合わせることで、よりリアルな環境を構築できます。 eCall機器に対しては各基準に準拠したレスキューコール試験が可能です。万が一の事態にも正確、適切な機器の動作を保証するために、確実な試験環境を構築する必要があります。

  • V2Xエミュレータ
    • V2Xアプリケーションの検証とパフォーマンスのベンチマーク
    • モデルインザループ(MiL)とハードウェアインザループ(HiL)を組み合わせた測定環境で実条件をラボで再現

  • eCall & ERA-GLONASS IVS 試験
    • CEN EN 16454:2012/ETSI TS 103 321/GOST R 55530-2013(eCall + GLONASS)に準拠した試験シナリオ
    • PSAP(Public Safety Answering Point)のエミュレーションとMSD(Minimum Set of Data)解析
    • HLAP(Higher Layer Application Protocols)のパラメータ設定可能

Automotive x 5G/4G/LTEポートフォリオ

Spirent社の無線通信試験装置は、末端機器のエミュレーションからコアネットワーク構築まで可能なワンストップソリューションを提供します。4G/LTE、5Gもサポートし、自動運転車の試験設備に貢献します。