GNSSシミュレータ&ソフトウェア

GNSSシミュレータ&ソフトウェア

Spirent Communication社はGNSSテストソリューションにおいて30年以上の実績から高信頼性製品を提供する世界のリーデイングカンパニーです。

GNSSシミュレータ

ハイエンドGNSSシミュレータ GSS9000

高精度な測位、航法、タイミングシステムの包括的なテストツールを要求する、高度なアプリケーション開発モデルです。 

  • 特長
    • マルチGNSS対応(GPS、GLONASS、Galileo、Beidou、SBAS、QZSS、IRNSS)
    • マルチ周波数対応(L1、L2、L5、L6、E1、E5ab、E6、B1I、B2I、B1C、B2A、B3I)
    • QZSS L1S対応
    • 多機能なGUIのSimGEN(Windows)ソフトウェア
    • 最大更新レート 1000Hz
    • 1筐体で10周波数バンク対応。最大160chの衛星信号と640chのマルチパスを生成
    • 2信号同時出力も選択可能。DGPS(RTK)の基地局と移動局をテスト
    • 擬似距離精度は0.3mm RMS、相対速度は120,000m/sの実力
    • 他の装置と連結することで同時に包括的な試験が可能

ミドルレンジGNSSシミュレータ GSS7000

ソフトウェアの組み合わせで開発設計、製造ライン、保守まで幅広い工程で使用可能な汎用モデルです。

  • 特長
    • マルチGNSS対応(GPS、GLONASS、Galileo、Beidou、SBAS、QZSS、IRNSS)
    • マルチ周波数対応(L1、L2、L5、L6、E1、E5ab、E6、B1I、B2I、B1C、B2A、B3I)
    • QZSS L1S対応
    • 最大256ch対応。チャンネル数は必要なGNSSへ自由に割振ることが可能
    • 受信機アンテナパターンの設定機能
    • 低レイテンシーでリアルタイムに遠隔操作が可能
    • NMEAデータをインポートしシナリオ作成。NMEAデータのリアルタイムアウトプット
    • 用途に合わせたシミュレーション制御ソフトウェアの選択
      • SimTEST : Googleマップ®で容易な経路設定によるテスト
      • SimREPLAYplus : 受信機の動き、時間、日付、位置のシナリオを作成
      • SimGEN : 包括的なコンステレーション、伝搬および車両モデリングと柔軟なデータキャプチャ

ロープライスGNSSシミュレータ GSS6300Mi

シナリオの作成や再生が簡単で、直観的な操作が可能な人気モデルです。

  • 特長
    • マルチGNSS対応(GPS/SBAS/QZSS同一チャンネル、GLONASS、Galileo or Beidouの組合せ)
    • 4チャンネル or 8チャンネル対応
    • 周波数L1対応
    • Spirent SimTESTソフトウェア付属
    • 1PPS/トリガ、基準周波数入出力、1PPS出力から外部システムに同期可能
    • シングルチャネル動作をサポート
    ※上記は有料オプションも含まれますので詳細は担当営業にお尋ねください。

GNSSシミュレータ用ソフトウェア

SimGEN™

  • 特長
    • SimGEN™はSimREPLAYplus™のすべての機能を備えています
    • エフェメリスとアルマナックデータの自動生成
    • 衛星のナビゲーションメッセージやエラーメッセージの生成
    • 外部入力から信号、時間、軌道データ等をリアルタイムにデータロギングとストリーミング
    • マルチパスの生成
    • 地形の形状変更
    • 信号変調とコード変更
    • 送信や受信のアンテナ利得と位相の変更
    • 対流圏や電離層遅延
    • 閏秒とウィークロールオーバーイベントテスト

SimREPLAYplus™

  • 特長
    • SimREPLAYplus™はSimTEST™のすべての機能を備えています
    • シナリオ作成
    • NMEAデータの入力と出力
    • コマンド入力によるリモート操作
    • 大気パラメータ編集
    • 個々の衛星の疑似距離を編集
    • 世界地図上にレシーバーの位置を表示
    • 信号に関する詳細情報の表示
    • シナリオのユーザアクションの記録
    • RTCM信号出力

SimTEST™/SimCHAN™

  • 特長
    • シナリオの自動繰り返し機能
    • レシーバ側の衛星スカイプロット表示、各チャンネルのパワーをグラフ表示
    • うるう秒の挿入
    • 衛星の種類ごとにマルチパスを1チャネル挿入
    • デフォルトと異なるアンテナパターンの挿入
    • Googleマップ®を使用した位置設定
    • Ethernet接続によるリモートコントロール

GNSS 仕様表