ノイズ負荷試験

ノイズ負荷試験

Spirent社AING-5000は多様なパターンのノイズを生成し、様々なノイズが流れる車載ネットワークにおいて、通信信号が受ける影響をラボ環境で検証することができます。BroadR-Reachによる車載イーサネットの実用性を確認するために不可欠なツールです。

ノイズジェネレータ AING-5000

  • インパルスや自動車スターターのオン/オフ シナリオ、電気機械のオン/オフ スイッチのシミュレーション、ファンモーター条件などの高度なモデリングが可能
  • 周波数/時間ドメインの両方でシェイピング/フィルタリング可能
  • 実際に測定されたインパルスノイズ、オルタネータノイズ、AM/FM無線が標準搭載
  • ノイズ時間、バースト数、バースト間隔、開始と終了の周波数バンドのパラメータ等、柔軟な設定が可能
  • ユーザの設定したスペクトルパワー分布(PSD)に従って、無線周波数干渉波の生成が可能