DIL ドライビングシミュレーター|Ansible Motion

DIL ドライビングシミュレーター|Ansible Motion

Ansible Motionはコンパクトタイプからハイエンドまでフルレンジでドライビングシミュレーターを提供しております。 ドライビングシミュレーターの導入により、プロセスの効率化による研究開発期間短縮、環境負荷低減が期待できます。F1パイロット、実験ドライバーなどのエキスパートドライバーにも対応しており、モータースポーツのトップカテゴリーだけでなく、世界の自動車・バイクメーカーをサポートしています。

Ansible Motion社について

Ansible Motionは、最新世代の積層構造モーションベースを採用したDriver in the Loop Simulatorを提供しているイギリスのDriving Simulator専業メーカーです。ユニークな積層構造により、業界最高レベルの応答速度を実現し、世界中の大手自動車・バイクメーカーをはじめ、Formula 1、NASCAR、インディカー、ル・マン等のモータースポーツのトップカテゴリーで採用されています。Driving Simulatorのフルシステムインテグレーターとして、導入時のコンサルティングから製造・施工・将来的なアップグレード・システム拡張までお客様をトータルでサポートいたします。

Ansible Motion社の製品特長

  • コンパクトなTheta シリーズからハイエンドのDelta seriesまでスケーラブルにシステム構築が可能
  • ユニークな積層構造モーションベースによる高い応答性
  • 軽量構造により高い運動性と設置自由度を実現
  • DILドライビングシミュレータをハブとした包括的な解析環境を構築
  • 実車感覚を向上させるリアルコックピットインテグレーション
  • 特別にチューニングされたステアリング/ペダル反力装置およびシフトエミュレータ
  • 臨場感、体感性を向上させる高性能サウンドシステム
  • ユーザーが実際に実車で使用するパーツ/機器の接続を可能とするエミュレータインターフェース
  • 他社製ソフトウェアとの連携が容易な柔軟なコアソフトウェア

Ansible Motion社の保守・サポート体制

  • 丸文の日本人システム技術者がサポート
  • 丸文を介して日本語でAnsible Motion技師と仕様打合せ・コミュニケーションが可能
    (必要に応じてお客様とAnsible Motionの直接のコミュニケーションも可能)
  • ユーザー毎のカスタム設計対応
  • シミュレーターを設置する建屋のレイアウトおよび、設計コンサルティング
  • 日本人による製造工程・施工管理
  • 日本人技師によるアフターメンテナンス体制(ハードウェア、ソフトウェア)
  • シミュレーション用プロジェクターシステム専門の日本人技師を配置
  • 導入後のシステムアップグレード提案

製品ラインナップ

Theta series (Compact Simulator) 据え置き型

  • コンパクトな設置スペース
  • リアルタイムでのモデル検証と開発
  • HILとSILを含む洗練されたシミュレーションと運転者の相互作用検証

システム構成イメージ
シミュレーションイメージ

Theta C (Portable, All-in-one type Compact Simulator) 可搬型オールインワンタイプ

  • オールインワンのmini-caveコンセプトにより、専用建屋と暗室が不要。
  • 没入感を重視したリアルコックピット
  • 本格的なビジュアルシステム(カーブスクリーン+プロジェクター)
  • キャスター構造によりフロア内の移動が可能

システム構成イメージ
シミュレーションイメージ

Sigma series (Stationary Simulator)

  • 大型スクリーン+Multi Channel Projectorによる高い没入感
  • 本格的なキャビン/コックピット
  • 製品間の評価と仮想運転
  • オンボードシステム検証、ヒューマンファクタ、HMI設計、仮想テスト運転

システム構成イメージ
シミュレーションイメージ

Delta series (Dynamic Simulator)

  • 最新世代の積層構造モーションベース(モーションベースのサイズ変更可能)
  • 重要な属性の車両エキスパートドライバー評価
  • ダイナミクスを含む完全な車両性能評価
  • ADASと自律運転、アクティブセーフティ検証

システム構成イメージ
シミュレーションイメージ