メタンガス又は天然ガスエンジン向けシリンダー内混合気形成過程測定用センサ ICOS CNG

メタンガス又は天然ガスエンジン向けシリンダー内混合気形成過程測定用センサ ICOS CNG

LaVisionの天然ガスエンジン用光学センサ(ICOS-CNG)は、メタンガス又は天然ガスエンジンに特化した計測機で、プローブ先端計測部におけるガス濃度及び空燃比をクランク角度毎に測定可能です。 これにより数百サイクル内の混合ガス形成の分析が可能になります。

Lavison動画

ガスエンジンにおけるλ値過渡現象

ガスエンジンにおけるクランク毎のλ値は、スパークプラグ付きプローブを用いてICOS-CNGシステムにて計測可能です。メタンを燃料とするこのガスエンジンは一定の条件で動作させることができ、噴霧タイミングを変える事により空燃比を変えることが出来ます。この図は、スパークプラグの位置でのラムダ値の変化を示しており、設定された空燃比毎での計測結果を示し、点火タイミング前の安定な状態になる前に混合気がリーンな状態からリッチな状態に変遷していく混合気形成のプロセスを計測する事ができます。

仕様