ブリッヂシグナルコンディショナ 4418|Endevco

ブリッヂシグナルコンディショナ 4418|Endevco

Endevcoのブリッヂセンサ用のシグナルコンディショナ 4418は、半導体ゲージ型や可変容量型、角速度センサなどのセンサを接続し利用できます。また小型バッテリー内蔵のため、手軽に使用することができます。
当ページでは、4418の特長と製品仕様について紹介します。

メーカー

ブリッヂシグナルコンディショナ 4418の特長

4418の外観

ブリッヂ式センサ用シグナルコンディショナです。半導体ゲージ型や可変容量型、角速度センサなどのセンサを接続し、使用することができます。4418は小型のバッテリーを内蔵しており、手軽に使用することができます。

センサに電源を供給するだけではなく、切り替え可能なゲイン機能やオプションでフィルタ機能も用意しています。またセンサ出力のZMO調整も可能性です。 本体に表面にはLEDもついており、接続の状態を確認することができます。

ブリッヂシグナルコンディショナ 4418の仕様

型番 4418
入力レンジ 0〜±10Vdc
出力電圧 20V pk-pk
印加電圧 10Vdc
印加電圧精度 ±1%
ゲイン x1 5%(DC-50kHz)
x10 5%(DC-50kHz)
x100 5%(DC-25kHz)
ゲイン精度 ±1%
バッテリー リチウムイオン
バッテリー駆動時間 約8時間
外部電源 12Vdc(1.5A以上)
充電時間 約3時間
動作温度範囲 -10~+60℃

出力コネクタ仕様

4418の出力コネクタはBNCで入力コネクタはBinder 09-0416-00-05になります。入力コネクタのピンアサインについて下記画像をご確認ください。Endevcoセンサは弊社にてコネクタ取付を行うことが可能です。コネクタについてはお問い合わせください。

4418の出力コネクタ外形
4418の出力コネクタ 端子仕様

本体パネルについて

4418の本体パネル外形

4418には表面と裏面にパネルがあります。表面には入出力コネクタ、ゲイン切り替えボタン、フィルタボタンがついています。裏面には電源コネクタ、電源スイッチ、オフセットボタンがついています。オフセットボタンはゼロ出力時のZMO調整を可能にします。