Moku:Lab | オシロスコープ

Moku:Lab | オシロスコープ

Moku:Labのオシロスコープは、200MHzのアナログ帯域幅、10Vppの入力電圧範囲、ユーザーにて設定可能なAC/DCカップリング、50Ω/1MΩのインピーダンスを持つ500MSa/sのアナログ入力チャンネルを2つ搭載しています。また、このオシロスコープには、最大250MHzの正弦波、最大100MHzの方形波、鋸歯波、三角波信号を生成することができる波形発生器(2チャンネル)が内蔵されており、システムのシミュレーション試験とそのレスポンス結果の測定を同時に行うことが可能です。

Features

  • 200MHzアナログ入力(2チャンネル)
  • 帯域幅250MHzの波形発生器内蔵(2チャンネル)
  • TTL対応外部トリガ
  • オンボード信号解析ツールボックス:測定トレンドやヒストグラムなどの可視化ツール
  • 演算チャンネルにてFFT解析等取得データ分析が可能
  • クラウド、電子メール、またはSDカードにデータをワンタップでアップロード
  • Python、MATLAB、LabVIEWのAPIに対応

Specifications

  • 垂直分解能:
    • 500MSa/s12ビット
    • 1kSa/s最大22ビット
  • 入力雑音:<30nV/√Hz(100kHz以上)
  • サンプリングレート:500MSa/s
  • 入力帯域幅:200MHz
  • 入力カップリング:ADまたはDC
  • 入力インピーダンス:50Ωまたは1MΩ
  • 出力帯域幅:300MHz
  • 出力波形:正弦波/方形波/ランプ/パルス/DC
  • 演算チャンネル:加算/減算/乗算/除算/XYモード/FFT/任意方程式etc

Applications

  • 信号モニタ/解析
  • 回路設計と特性評価
  • ジッタ/クロック分析
  • 光検出器の調整
  • 自動化システム評価試験
  • システム評価試験とデバッグ