Moku:Lab | PIDコントローラ

Moku:Lab | PIDコントローラ

Moku:Labは、10MSa/sのサンプルレート出力が可能なPIDコントローラを2チャンネル搭載しています。これにより、レーザ温度や電流の安定化など、低域と高域両方のフィードバック帯域幅を必要とするアプリケーションに使用することが可能です。また、積分及び差動コントローラを独立したゲイン設定で飽和させることで、リードラグコンペンセータ(位相進み補償器)としてもご活用いただけます。

Features

  • 2入力チャンネル、2出力チャンネル、2つの独立したPIDコントローラ
  • リアルタイムのインタラクティブなボードプロットを使用して、制御システムの周波数応答を設計
  • 信号監視用プローブポイントを内蔵したデジタル信号処理のブロック図
  • シングルまたはダブルの積分器と低・高周波数ゲイン飽和の微分器を備えた高度なマルチセクションPIDビルダ

Specifications

  • 入力電圧範囲:1Vppまたは10Vpp
  • 制御行列リニアゲイン:-20~+20
  • 入出力オフセット範囲:-1~+1V
  • オフセット精度:100μV
  • ゲインプロファイル:
    比例(P)、積分(I)、微分(D)、二重積分(I+)、積分飽和(IS)、微分飽和(DS)
  • 比例ゲイン:-60dB~60dB
  • インテグレータ・クロスオーバー周波数:1Hz~100kHz
  • 差動器のクロスオーバー周波数:10Hz~1MHz

Applications

  • フィードバックと制御システムの設計
  • レーザ周波数安定化
  • 温度制御
  • スキャンヘッド/サンプルステージの位置決め
  • 圧力、力、流量などの制御