ナノ/マイクロフォーカス3次元X線CTシステムの特長

ナノ/マイクロフォーカス3次元X線CTシステムの特長

こちらのページでは、ユー・エイチ・システム社のナノ/マイクロフォーカス3次元X線CTシステムの特長をご紹介いたします。
ユーセントリック機構、3次元斜めCT機能など独自の技術をベースに、超高倍率での透過/CT撮影が可能な3次元X線CT装置です。
自社開発による独自のソフトウェアで、ユーザーの皆様から高評価な性能、使い勝手を実現しております。

主な特長

ユー・エイチ・システム社3次元X線CTシステムは、ユーセントリック機構、3次元斜めCT機能など独自の技術をベースに、超高倍率での透過/CT撮影が可能な装置です。
自社開発による独自のソフトウェアで、ユーザーの皆様から高評価な性能、使い勝手を実現しております。

目次
===========================================================
斜めCTの特長:0:04
X線発生器が上にあることで:0:25
ステージ機構:0:31
フィルタ機能:0:53
可視光マップ:0:59
制御ソフト(Jasper):01:06
リフローシミュレーター:01:13
直交ユニット:01:17

斜めCTとは?

一般的なCT装置は基板サンプルの場合、X線発生器が観察箇所へ近づけられず、透過しづらく、倍率も上がりません。ユー・エイチ・システム社の斜めCTは、独自の技術で 数百倍の斜めCT撮影を実現できます。

UHS斜めCT装置
一般的なCT装置

上部にX線発生器があるワケ

ユー・エイチ・システム社のX線CT装置は、X線発生器を上部設置することで 対象サンプルに極限まで近づけることができ、倍率を上げることが可能です。

一般的なX線CT装置との比較図

ユー・エイチ・システム 唯一のステージ機構

ユー・エイチ・システム社のX線CT装置は、XYステージの下に回転テーブルがある機構のため、ステージ上、どこでも斜めCT撮影が可能です。

ユー・エイチ・システム 独自のステージ機構

ティーチング機能

ユー・エイチ・システム社のX線CT装置は、ステージ全域の自動撮影モードを実装することにより、透過/斜めCTのどちらも撮影が可能となります。

ティーチング機能 説明図

フィルター機能

ユー・エイチ・システム社のX線CT装置は、ステージ全域の自動撮影モードを実装することにより、透過/斜めCTのどちらも撮影が可能となります。

フィルタあり/なし 比較写真

自社開発の制御ソフトウェア(Jasper)のご紹介

自社開発のソフトウェア(Jasper)