非接触でラベル書き換え 応用例3選のご紹介

「非接触でラベルの書き換え」ができる。だから「良い」こと。

今回は『リライタブルレーザーシステム』の応用事例として
①検査・梱包工程の改善例
②生産現場の作業効率と工程連携例
③物流と店舗の生産性向上例
をご紹介いたします。
『非接触でラベルを書き換える』リライタブルレーザーシステムは『リアルタイムに豊富な情報量をラベルに持たせること』ができます。
文字情報だけでなく、QRコードなども印字することで梱包ごとに違う情報を持たせることが出来、梱包ラベルのデータの使い方の幅を拡げます。
非接触でラベルの書換えることで『ラベル=データ』の使い方がより幅広くなり、さまざまな現場の作業の生産性向上を実現します。
QRコードを用いて作業管理、稼働管理(管理ルール、注意事項、製造データなど)へ、文字情報は、目視で確認すべき情報(品名、数量、日付、納品先など)と使い分けることが可能です。

多彩なメリットはラベル=データ活用の幅を拡げます

①検査・梱包工程のデータそのまま、リアルタイムに個別のラベルの印字を行います

行先や内容物の違う箱を仕分けて、沢山の種類のラベルを仕分けながら手作業で貼り付けるのは大きな工数でした。
梱包内容が個々に異なる場合や納品先が違う場合でも検査・梱包データと連携して個々に違うラベルをリアルタイムでラベルを印字します。

検査・梱包工程のデータそのまま、リアルタイムに個別のラベルの印字を行います

リアルタイムで豊富な情報量をラベルに持たせることが可能です

『非接触でラベルを書き換える』リライタブルレーザシステムは『リアルタイムに豊富な情報量をラベルに持たせること』ができます。
文字情報だけでなく、QRコードなども印字することで梱包ごとに違う情報を持たせることが出来、梱包ラベルのデータの使い方の幅を拡げます。
QRコードは、作業管理、稼働管理(管理ルール、注意事項、製造データなど)に使うことができます。
文字情報は、目視で確認すべき情報(品名、数量、日付、納品先など)を入力させることができます。

豊富な情報量をラベルに持たせることが可能

②生産現場の作業効率と工程連携をサポート

生産現場において材料の入荷から、組立、検査、出荷の工程を進めていく中で、『ラベルに多くの情報を持たせる』ことで様々な生産性向上を実現させることができます。
例えば、入荷した材料の情報から、組立手順の指示書を導いたり、検査レシピを指定したり、作業の進捗レポートをサーバーで監視し、生産現場の稼働状況を『見える化』することを実現します。『非接触でラベルを書き換える』ことで『データの使い方に拡がり』が生まれ生産性向上に貢献します。

③物流と店舗の生産性向上をサポート

『非接触でラベルを書き換える』リライタブルレーザシステムは『リアルタイムに梱包ごとに違うラベルを印字できる』ことができます。
配送先の店舗で二次加工(調理)など行う場合、工場から材料を出荷する際に梱包毎に作業手順や仕分け指示のデータを個々に書き込むことができます。配送先の店舗での作業効率がアップするだけでなく品質向上にも貢献が期待できます。

詳細については下記ボタンをクリックしてお問い合わせください。