マイクロホン用パワーモジュール|GRAS社

マイクロホン用パワーモジュール|GRAS社

GRASではマイクロホンを駆動させるための電源供給を行うパワーモジュールをご用意しております。パワーモジュールは電源供給機能だけではなく、ゲイン機能やフィルタ機能を持った製品もございます。
当ページでは、GRAS社がご用意しているパワーモジュールをご紹介します。

パワーモジュールの特長

マイクロホンには、外部成極型(LEMOタイプ)と成極済み(BNCタイプ)があります。データ収録装置に定電流供給機能をもった製品が増えており、成極済みマイクロホンであれば、データ収録装置に直接接続ができますが、電源供給機能がない装置に接続するためには、パワーモジュールが必要になります。
外部成極型は200Vの印加電圧の供給が必要なため、パワーモジュールが必要となります。
またパワーモジュールにはゲイン機能を持った製品もあり、出力信号を増幅または減衰されることも可能です。パワーモジュール自体を駆動される電源はAC電源を使用しますが、多くの製品で乾電池駆動にも対応しています。乾電池で駆動されることでAC電源からくるノイズを除去することができます。

※注意事項
使用する環境によっては、パワーモジュール自体を駆動されるためのAC100Vの電源からノイズが乗る可能性があります。使用する電源環境によっては、乾電池駆動が可能なモデルを選択いただく必要があります。

各パワーモジュールの仕様

型番 12AD 12AR 12AK 12AA 12AG 12AD
接続マイクロホンタイプ 外部成極型(LEMOタイプ)
チャンネル数 1ch 2ch 1ch 2ch 8ch 4ch
ゲイン機能 なし 0dB, +10dB, +20dB,
+30dB, +40dB, +50dB
-20dB, 0dB, +20dB, +40dB 0dB, +10dB, +20dB,
+30dB, +40dB, +50dB
なし
周波数特性 0.05Hz~200kHz 3.5Hz~200kHz 0.05Hz~200kHz
分極への供給 0Vもくしは200V(0Vに設定することで成極済みマイクロホンにも使用可能)
プリアンプへの供給 ±15V 28Vもしくは120V ±15V
入力コネクタ LEMO 7ピン 1Bコネクタ
出力コネクタ BNC
乾電池駆動 対応 非対応

型番 12AQ 12AL 12AX 12HF 12HM 12AB
接続マイクロホンタイプ 外部成極型(LEMOタイプ),
成極済みマイクロホン(BNCタイプ)
成極済みマイクロホン(BNCタイプ) ローノイズマイクロホン
(40HF, 40HH,40HT)
インテンシティマイクロホン
チャンネル数 2ch 1ch 4ch 1ch 10ch 2ch
ゲイン機能 -20dB, -10dB, 0dB,
+10dB, +20dB,+30dB,
+40dB, +50dB, +60dB, +70dB
なし 0dB, +20dB, +40dB なし +3dB なし
周波数特性 2Hz~200kHz 1Hz~200kHz 0.05Hz~200kHz 2Hz~20kHz 0.05Hz~200kHz
分極への供給 成極済み:
4mA,28V
外部成極:
0Vもしくは200V
4mA,28V 5mA,28V 200V 0Vもくしは200V
プリアンプへの供給 ±15Vもしくは±60V ±15V 28Vもしくは200V
入力コネクタ LEMO 7ピン 1Bコネクタ, BNC BNC LEMO 7ピン EGA 1Bコネクタ LEMO 12ピン 1Bコネクタ
出力コネクタ BNC
乾電池駆動 対応 非対応 対応 非対応 対応

外部成極型マイクロホン向けパワーモジュール

外部成極型マイクロホン向けのパワーモジュールでは、12AKと12AAを推奨します。ゲイン機能を内蔵しており、使い勝手の良いパワーモジュールです。ゲイン機能が不要な場合には、安価な12ADと12ARを選択いただけます。多チャンネル測定の場合には、12ADや12AGをご用意しております。また12AQは、細かいゲイン機能を内蔵しており、外部成極型でも成極済みでも使用することができます。また12AQにはRS232インターフェイスを通じて、PCからのリモートコントロールが可能です。

成極済みマイクロホン向けパワーモジュール

成極済みマイクロホン向けパワーモジュールは、12ALと12AXを推奨しています。12ALは安価で手軽に使用でき、乾電池駆動にも対応しています。12AXは4chタイプになっており、比較的安価に多チャンネル測定のシステムを組むことが可能です。
成極済み対応しているパワーモジュールはマイクロホン以外にもIEPEタイプの加速度センサの電源としても使用できます。

特殊マイクロホン向けパワーモジュール

ローノイズマイクロホン(40HF,40HH,40HT)にも12HFもしくは12HMを使用いただく必要があります。12HFは他のパワーモジュールとは異なり、ローノイズ仕様になっております。ローノイズマイクロホン以外の外部成極型マイクロホンを接続できないよう、入力コネクタが他のパワーモジュールと異なります。
インテンシティマイクロホンには、12ABを使用いただく必要があります。インテンシティマイクロホンの出力を直接接続できるようLEMO 12ピンコネクタを備えており、2つの信号をそれぞれ出力できるようBNCコネクタを2個備えています。

新型パワーモジュール 12BA/12BB

12BAは1ch、12BBは4chのパワーモジュールです。成極済み(CCPタイプ)マイクロホンに電源供給でき、TEDSをサポートしています。マイクロホンからの信号を劣化されることなく、マイクロホンへ電源供給します。本製品はUSBバスパワーで駆動します。PCやUSB電源アダプタ、モバイルバッテリーなどから給電することができます。
またUSBケーブルでPCに接続し、Audio Precision社 APxオーディオアナライザーが接続しているPCに接続すると、TEDS対応のマイクロホンのTEDSデータへアクセス可能です。もしくはソフトウェアGRAS Mic Power Module AppをインストールしたPCに接続いただくと、TEDSデータへアクセスができます。TEDS0.9とTEDS1.0に対応しています。
生産ラインなどでは、このTEDSデータが校正値の代わりとして、使用されるケースがありますが、研究開発の用途では、ピストンホンや音響校正器などを使用して、マイクロホン感度を測定することを推奨いたします。 4ch以上のマイクロホンを使用する際には、複数のパワーモジュールを同時に使用できます。

関連商品