ポータブル多機能測定器 Moku:Go

ポータブル多機能測定器  Moku:Go

Liquid instruments社の提供するMoku:Goは、回路設計から実践的なエンジニアリング教育まで、学生や若手エンジニアの育成用途に最適な多機能測定器です。オシロスコープや任意信号発生器他、計8つの機能とオプションのプログラマブル電源を備えたMoku:Goは、バックパックに入れて簡単に持ち歩くことができ、屋外や自宅等どんな学習環境にも適応します。測定用のユーザーインターフェイスとの接続に使用可能なWi-Fiホットスポットや、データ転送用のUSB-C ポートを搭載、自由度の高いハード・ソフトウェアは、従来のベンチトップ型の測定器の不都合から開放されます。

※データシートのダウンロードはこちら
※邦版カタログのダウンロードはこちら

※Moku:Go販売開始につきまして
大変長らくお待たせいたしました。Liquid社Moku:Goのご注文受付を2021年10月より開始いたします。製品の納品につきましては、ご下命後1カ月を想定しております。なお、製品付属のACアダプタにつきましては、弊社にて輸入事業者登録を実施の上、販売をさせていただきますのでご安心ください。

製品紹介

基本性能

アナログ 入力/出力
2ch 12 bit, 125 MSa/s
入力帯域幅
30 MHz
Digital I/O
16 ch@125 MSa/s
出力帯域幅
20 MHz
プログラマブル電源
2 or 4 chオプション

Moku:Goは、大学や高等教育機関における工学教育用に設計されたシンプルで実用的な測定器です。オシロスコープや任意信号発生器他、計8つの機能を保有しております。
購入オプション:
•M2(定価:¥77,000):イーサネットおよび4chプログラマブル電源搭載
※20台以上ご購入をご検討されているお客様へ、他廉価オプションもご提供しています。
•M0(プログラマブル電源無・イーサネット無)/ M1(プログラマブル電源2ch・イーサネット無)
※各バンドル標準付属品:オシロスコープ用プローブ2本、DIOケーブル、ACアダプタ、USB-Cケーブル、イーサネットケーブル

測定機能およびユーザインターフェイス紹介

Moku:Goは、小さな筐体からは想像もつかない8つのパワフルな下記機能を有しています。ユーザインターフェイスはWindows もしくは MacOSに対応(従来製品、Moku:Labと同様、ipadアプリへも対応予定)。
また、Python、MATLAB、LabVIEWのAPIにも対応、測定の自動化等リモート環境下でも存分に活用可能です。
機能詳細はこちらを確認ください。

ロジックアナライザ測定画面

MATLAB Live Scripts

Moku:Goは、リモート学習の機会を最大限に活用可能なMathWorks社MATLABのライブスクリプトに対応しています。

  • 実験指示書や、質問、盗作防止、ライブインターフェイスが含まれた包括的なMATLABスクリプト
  • 学生向けの「ヘルプ」機能を搭載
  • ワンクリックで自動採点・クラスの成績分析

MATLAB:ライブエディターを活用したドキュメント管理