Moku:Go|2-チャンネルデータロガー

Moku:Go|2-チャンネルデータロガー

Moku:Goのデータロガーは、最大で1MSa/sのデータを内蔵メモリに直接記録することができます。汎用性の高いフロントエンドは、実験内容に応じてAC/DCカップリング、±5Vまたは±25Vの入力レンジを選択することができます。また、ユーザーが設定可能なサンプリングレート、継続時間、遅延開始オプションも用意されています。Moku:Goの内部メモリに保存されたデータは、測定終了後にコンピュータにアップロードして解析することができます。

※データシートのダウンロードはこちら

チャンネル数
2
サンプリングレート
最大1MSa/s
入力レンジ
± 5 V to ± 25 V
入力カップリング
AC or DC
入力インピーダンス
1 MΩ
波形発生装置
統合

特長

  • 独立した2つのチャンネルの電圧データを直接デバイスに記録
  • 2チャンネルの10MHz波形発生器を内蔵
  • ログファイルをコンピュータにダウンロードして分析することが簡単にできます。
    バイナリデータを.csv、.mat、NumPy形式に変換する変換ツールを内蔵
  • 最大10日間の遅延でログを開始するようにスケジュールを設定

仕様

  • 入力レンジ:10Vpp, or 50Vpp
  • 入力インピーダンス:1MΩ
  • 入力カップリング:AC/DC
  • 最大サンプリングレート:
    1MSa/s 1チャンネル使用時
    500kSa/s 2チャンネル使用時
  • 最小サンプリングレート:10Sa/s
  • 収集モード:
    ノーマル:取得レートでの直接デジタル化
    精密モード:平均化による最大サンプリングレートからのダウンサンプリング

アプリケーション

  • 温度モニタリング
  • 振動解析
  • 環境モニタリング
  • その他のセンサデータ記録