スパークプラグ型ファイバー光学センサ (ICOS)

スパークプラグ型ファイバー光学センサ (ICOS)

LaVision社のスパークプラグ型ファイバー光学センサ(ICOS – アイコス)は、クランク角毎の時間分解能でシリンダー内の空燃比、排気ガス濃度、EGRレート、およびガス温度を測定・解析が可能です。 プローブはM12スパークプラグ付きやグロープラグ型、M5プローブ型が有り、またLOS(Line of Sight)プローブは透過型のプローブとなっており、高負荷条件の計測等に適しています。

Lavison動画

ICOS製品ラインナップ

LaVision社のICOS(Internal Combustion Optical Sensors)は、ガソリン・ディーゼルエンジン向け、天然ガスエンジン向け燃料密度/EGR計測を行うシステムと、高時間分解能で温度計測を行うシステム、各システムに使用される計測プローブの製品ラインナップが有ります。

ガソリン・ディーゼルエンジン向け燃料密度/EGR計測 ICOS TWIN

ガソリン・ディーゼルエンジン向け 燃料密度、ラムダ値、CO2濃度、EGR率の計測

→製品の詳細はコチラ

天然ガスエンジン向け燃料密度/EGR計測 ICOS CNG

天然ガスエンジン向け燃料密度、ラムダ値、CO2濃度、EGR率の計測

→製品の詳細はコチラ

ICOS 製品ラインアップ一較表

各エンジン・計測種別ごとに対応する装置がありますので、以下一覧表からご参照ください。