RF / マイクロ波

RF / マイクロ波製品をご検討いただくお客様向けの資料です。製品開発にご活用ください。

おすすめコンテンツ

Acconeer Exploration Toolのご紹介 [設定方法編(前編)]

今回から2回にわたり、Acconeer Exploration Toolの設定について説明します。前編にあたる今回は基本的な設定の説明となりますので、しっかり押さえましょう。

  • 製品情報
詳細はこちら

Acconeer Exploration Toolのご紹介 [サービス解説編]

Acconeer Exploration Toolは Acconeer(アッコニア) AB (以下、Acconeer 社と表記)製ミリ波レーダモジュールの評価ツールです。今回はAcconeer Exploration Toolに用意されている各サービスおよび関連するデモについてご紹介します。

  • 製品情報
詳細はこちら

Acconeer Exploration Toolのご紹介 [導入編]

Acconeer(アッコニア) AB (以下、Acconeer 社と表記)製ミリ波レーダモジュールの評価ツールであるAcconeer Exploration Toolのご紹介、および、その導入手順について解説します。

  • 製品情報
詳細はこちら

Acconeer社製ミリ波レーダ製品のご紹介

ミリ波レーダモジュールに新たなラインナップが加わりました。当社はAcconeer社製60GHz帯ミリ波レーダチップおよびモジュールの取り扱いを開始いたします。同社独自のパルス・コヒーレント・レーダ技術で、近距離向けの新たなレーダソリューションをご提案します。

  • 製品情報
詳細はこちら

T14 Radar Showcaseのご紹介

T14 Radar Showcaseを使用すれば、PathPartner社のPP Rader SDKをより手軽にご体感いただけます。今回は人検知のユースケースについてご紹介いたします。ミリ波レーダに興味があっても使い方がよくわからない…という方は必見です。

  • 製品情報
  • コラム
詳細はこちら

ミリ波レーダの豆知識2 [専用 三脚&ホルダー]

今回はミリ波レーダモジュール評価キット(T14/T16)専用の三脚&ホルダーについてご紹介します。

  • 製品情報
  • コラム
詳細はこちら

ミリ波レーダの豆知識1 [コーナリフレクタ]

ミリ波レーダの評価試験を行う上で欠かせないアイテムであるコーナリフレクタについてご紹介します。

  • 製品情報
  • コラム
詳細はこちら

TITAN用評価ソフトウェア RawDataCapture

ミリ波レーダモジュール評価キット TITAN を使用して、MATLAB上でリアルタイムにIF信号データを取得する方法についてご紹介します。

  • 製品情報
  • コラム
詳細はこちら

TITAN用評価ソフトウェア TitanDemoKitApp

ミリ波レーダモジュール評価キット TITAN の評価用ソフトウェア TitanDemoKitApp の各設定についてご紹介します。

  • 製品情報
  • コラム
詳細はこちら

ミリ波レーダ パートナー企業のご紹介1 [PATHPARTNER]

ミリ波レーダの信号処理(ソフトウェア)に精通しているPATHPARTNER社(以下、PP社と表記)、および、PP社独自のSDK(PP Radar SDK)をご紹介します。

  • コラム
詳細はこちら

ミリ波レーダの基礎2 [スペックについて]

ミリ波レーダに関する各種スペックについてご紹介します。

  • コラム
詳細はこちら

ミリ波レーダの基礎1 [距離・速度・角度検出について]

ミリ波レーダがどのように距離、速度、角度情報を取得しているのか、その具体的なメカニズムをご紹介します。特に、DSP処理することで物標の位置情報や速度を取得するプロセスにご注目ください。

  • コラム
詳細はこちら

ミリ波レーダとは

ミリ波レーダを初めて扱うかた向けに、まず『ミリ波とはなにか?』、その後『ミリ波レーダがどういったもので、どのような特長があるか?』をご紹介します。

  • コラム
詳細はこちら

ミリ波レーダモジュール評価キット TITANのご紹介

ミリ波レーダモジュール評価キット TITAN(タイタン)をご紹介します。
電波認証取得済みですのですぐにフィールドでご評価いただくことが可能です。

  • 製品情報
詳細はこちら

ミリ波レーダによる非接触見守りセンシング・ソリューションのご紹介

VitaWatcherは株式会社マリの微細体動情報取得技術(CNC-ViS)を手軽にご体感いただける研究用機器で、京都大学との共同研究に基づいたセンシング技術を応用することで非接触で体の微細な動きを検知することが可能です。

  • 製品情報
  • コラム
詳細はこちら