電源 IC

電源 IC 製品をご検討いただくお客様向けの資料です。製品開発にご活用ください。

おすすめコンテンツ

現場で役立つ 待機時消費電力対策

カプラレス・高効率の電源ICを使用して、欧州を中心に厳格化の進む待機電力規制への対策について考えてみましょう。

  • コラム
詳細はこちら

コラボ企画 Active Clamp Flyback × カスタムトランス

今回は絶縁電源回路を設計する中で大きなハードルとなるトランスをスミダ電機株式会社(以下、スミダ電機(株)と表記)様のご協力のもと製作し、評価ボードに実装してその動きと評価を行いました。

  • コラム
詳細はこちら

現場で役立つ 過電流保護機能の基本と動作

Monolithic Power Systems (以下、MPS社と表記)の電源IC MP2333Cを使用して保護機能の1つでもある過電流保護機能動作を実際に波形を測定しながら、動作について深掘りします。

  • コラム
詳細はこちら

はじめての電源

電源製品をはじめて使う、ご検討いただくお客様を対象として、電源製品を使用する場所、役割について説明します。

  • セミナー
  • コラム
詳細はこちら

はじめてのバッテリ・マネジメントIC

バッテリ・マネジメント・ソリューション(BMS)製品をはじめて使う、ご検討いただくお客様を対象としています。その中でも身近な生活を支えているリチウムイオン電池の充電、および残量測定等を中心に説明します。

  • セミナー
  • コラム
詳細はこちら

MPS 繰り返し使える電子ヒューズ(E-Fuse) MP5016

回路保護対策にはヒューズやポリスイッチが多く使われてきましたが、これらの部品を上回るスペックを持つE-Fuseをご存知でしょうか。 今回はMonolithic Power Systems(以下、MPS社と表記)の製品を例にE-Fuseの特長と機能をご紹介します。

  • コラム
詳細はこちら

MPS 超小型4出力降圧DCDCモジュール MPM54304

今回はMonolithic Power Systems(以下、MPS社と表記)の「低電圧・大電流化」に伴う課題を解決するパワーモジュール MPM54304の特長と評価ボードを使用した実際の動作結果をご紹介します。

  • コラム
詳細はこちら

現場で役立つ 電源回路の設計方法

DCDCスイッチングレギュレータのひとつである降圧型コンバータを例に、データシートを活用した電源回路の設計方法について説明します。

  • コラム
詳細はこちら

MPS Virtual Bench Pro スタートアップガイド

今回はMonolithic Power Systems社(以下、MPS社と表記)が提供するPMBus付き電源IC評価用ツールのVirtual Bench Proについて、操作方法と合わせてPMBusの特長を紹介します。

  • コラム
詳細はこちら

プロセッサの電源管理を容易に実現   PMBus制御 MPQ8645P

Monolithic Power Systems(以下、MPS社と表記)の評価ボード EVQ8645Pの動作結果をもとに小型・PMBus制御 降圧レギュレータ MPQ8645Pの特長をご紹介します。

  • コラム
詳細はこちら

スーパーキャパシタを用いたバックアップ電源(MAX38888)ソリューション(Part2)

Maxim Integrated(以下、マキシム社と表記)のスーパーキャパシタ(以下、SuperCap と表記)やコンデンサバンクのバックアップ電源レギュレータMAX38888に関して、Part1では動作説明を行いました。
Part2 は、評価KIT(以下 MAX38888EVKIT と表記)を使った実機動作を紹介します。

  • コラム
詳細はこちら

スーパーキャパシタを用いたバックアップ電源(MAX38888)ソリューション(Part1)

今回はMaxim Integrated(以下、マキシム社と表記)のスーパーキャパシタやコンデンサバンクのバックアップ電源レギュレータのご紹介します。なお、Part1ではMAX38888の動作説明、Part2では評価KITでの実機動作確認の説明を行います。

  • コラム
詳細はこちら