SAME70 マイコンでBLDCモータを回そう[ソフトウェア導入編]

Microchip Technology 社の低電圧モータキットMCLV-2ボードとSAME70 PIMを使用して、BLDCモータを簡単に回すことができます。

本シリーズは、MCLV-2ボードとSAME70 PIMの環境を使用して、実際にモータを回すところまでの具体的な手順を4回に分けて説明します。 第2回はソフトウェア導入編として、統合開発環境のMPLAB® X IDEとHarmony V3、およびモータ関連プラグインの導入について説明します。

MPLAB X IDEのインストール

SAME70PIM+MCLV-2ボードでモータを回すために、まず、統合開発環境のMPLAB X IDEのダウンロード、インストールから始めます。

なお、コンパイラのインストールはXC32のみでも問題ありません。また、コンフィギュレータ(MCC)のインストールも不要です。

Harmony V3のインストール

Harmony V3のインストールは、MPLAB X IDEのプラグイン機能を使用して行います。

引き続き、下記の操作を行ってください。

Harmony V3のインストールができたか確認してみましょう。
一旦、MPLAB X IDEをシャットダウンして、再度、MPLAB X IDE立ち上げていただいた後、Tools ⇒ Embeddedをクリックして、下図赤枠の2つの項目があればインストール完了です。

MPLAB Harmony Frameworkのインストール

続いて、MPLAB Harmony Frameworkを導入します。

下記のメッセージが出る場合は、OKボタンを押してください。

Remote Packageの画面をスクロールして、以下の図の赤枠部分のパッケージを選択してダウンロードします。

パッケージのダウンロードでライセンス・ウインドウ処理を行ってください。

パッケージのダウンロードが始まります。

導入したすべてのパッケージ一覧の確認を行います。ダウンロードが終わったら、Local Packagesをクリックして、選択したパッケージがローカルに存在することをご確認ください。

以上でSAME70マイコンでモータを回すためのソフトウェア・セットアップは完了です。
なお、今回導入したモータ・パッケージのドキュメントは、下記の様にPCのユーザ・フォルダxxxxxxにインストールされています。

まとめ

今回はソフトウェア導入編として、MCLV-2ボードとSAME70 PIMボードを動かすためのソフトウェア(MPLAB X IDE +Harmony V3+モータ関連パッケージ)の導入について説明しました。

次回は、モータを動かすためのハードウェアの導入について説明します。

おすすめリンク