中期経営計画

証券コード : 7537

2019-2021年度 中期経営計画

当社が属するエレクトロニクス市場では、IoTやAI、ロボティクスなどの社会生活を変革する新しいテクノロジーの導入が拡大しつつあります。
このような環境のもと当社企業理念と、創業来の「先見」と「先取」の精神をもって「変化をチャンス」とすべく中期経営計画を策定しました。

中期経営計画における3つの方針

「新たな価値を創造するビジネスモデルの構築」とは、差別化した付加価値の高い製品・サービスをソリューション提供することによって、新たなビジネスモデルの構築と事業ポートフォリオの進化を目指すものです。
「成長市場に向けた事業開発の促進」は、FINsix社の小型電源モジュールや医療分野におけるMC10社のバイオスタンプ、ロボティクス分野におけるAeolus Robotics社のAI対応汎用ロボットサービスなど、投資、開発、販売に取り組んできましたが、これらの成長市場における新規事業の収穫をしっかりと行うとともに、必要な場合は、新たな投資、M&A、アライアンスなども考えます。
「持続可能な社会への貢献」とは、当社が扱う、先進の“尖った技術”で未来を豊かにしたいということです。現在の地球規模での企業に対する要求とは「持続可能な成長に向けた取組み」であることに疑う余地はありません。自社のESGについての取組みを強化するだけにとどまらず、社会、企業のこの取組みについて当社の提供するソリューションがどのように貢献できるかを、社員ひとりひとりが常に意識として持ち、行動することを徹底したいと考えております。
この様な取り組みにより、引き続きROE8%の達成を目指して構造改革を進めます。

デバイス事業の取り組み

「既存ラインカードの深耕」では、営業組織再編により様々なラインカードを組合せたソリューション提案を一層推進するとともに、デジタルマーケティングなど効率的な提案活動を展開し、お客様の潜在的なニーズの取り込みに注力します。
「成長市場での事業拡大」では成長が期待される分野での事業化を加速してまいります。
自動車分野でのSilicon Mobility社のモーター制御コントローラをはじめ、医療向けのMC10社やロボティクスのAeolus Robotics社の戦略製品の拡販に取り組みます。
「海外ネットワークの充実」では、北米での成長維持・拡大に加えて、欧州での事業の立ち上げを加速させていく方針です。

システム事業の取り組み

システム事業では「マーケットインとカスタマーイン」の「顧客志向」をベースにして収益力の向上に取り組み成果を上げてきました。
この基本戦略を継続しながら「戦略市場での商材拡充」、「差別化推進による競争力強化」、「グループ総合力の発揮」に取り組み、高収益事業の拡大を目指すとともに、海外でのビジネス展開を検討します。

システム事業の分野別取り組み

「航空宇宙機器」は、人工衛星・ロケット搭載モジュール向けの高信頼性部品の受注拡大に加え、航空機用シミュレーションユニットや高周波計測用センサー、自動車衝突実験用のデータ収録装置など新規商材の立ち上げにも注力します。
「情報通信機器」の分野では、2020年に5Gの本格商用サービス開始される予定で、東京オリンピックや大阪万博などのビッグイベントも控え、市場の拡大が期待されております。ハードからソフトウェアまで幅広い商材の拡充と、コンサルティング力など専門性を高め、更なる事業規模拡大を推進します。
「レーザ機器」では、産業機器組込み用レーザや医用機器向けの事業で維持・拡大を図りつつ、新規アプリケーションの開発促進、大気圧プラズマ発生装置など競争力ある製品のプロモーション活動の強化を進めます。
「産業機器」では、技術的に差別化が図れる最先端製品の取扱いを拡充するとともに、顧客ニーズに基づいたソリューション提案力の強化に取り組みます。また産業機器組込み用コンピュータや自動車関連市場向けの組立・検査・解析装置で一層の伸長を見込んでおります。
「医療機器」では、画像診断装置を中心にエンジニアリング力を強化することでシェアアップを推進し、また新規商材の拡充と販売エリアの更なる拡大を目指した取組みを推進します。