慣性計測装置(IMU)の特長と製品ラインナップ|セイコーエプソン

慣性計測装置(IMU)の特長と製品ラインナップ|セイコーエプソン

セイコーエプソン社の慣性計測装置(IMU:Inertial Measurement Unit)は、独自の微細加工技術を用いることで、高安定・低消費・低ノイズの特長をもつ高性能水晶センサ素子を使用した高精度な製品です。当ページではセイコーエプソン社のIMUの特長解説と製品ラインナップをご紹介します。

セイコーエプソン慣性計測装置(IMU)の特長

これまでは「FOG(Fiber Optical Gyro)」クラスの性能を持ったものは筐体が大きく使用用途も限られていましたが、セイコーエプソンの慣性計測装置(IMU)は「FOG(Fiber Optical Gyro)」クラスの性能を小型筐体に収めた事によりこれまでに使用できなかった製品への搭載を可能にしました。

以下のアランバリアンス図(ARW+Bias Instability)に示す通り水晶ジャイロセンサの精度・安定性が優れている事が分かります。

  • ARW(アンギュラーランダムウォーク) : 短期揺らぎは数値が小さいほど高性能(高安定)です。
  • BIS(バイアスインスタビリティ) : 中⾧期揺らぎは数値が小さいほど高性能(高安定)です。

アランバリアンス図(ARW+Bias Instability)

セイコーエプソンの慣性計測装置(IMU)はキャリブレーションと構造設計で個体ばらつきを抑え、高精度な特性保証が可能であり、小型でありながら、高い位置精度、小さい姿勢誤差データが提供可能です。

センサ単体とIMUの比較

1インチサイズの小型プラットフォームを採用しています。慣性計測装置(IMU)を置き換えるだけで性能向上を図ることが可能となり、お客様の開発費・工数の削減及び評価期間の短縮ができます。

G370外観図

慣性計測装置(IMU)製品ラインナップ

製品型番 M-G370 M-G365 M-G364 M-G354 M-V340 M-G550PC2
特長 FOGクラス性能 姿勢角出力機能
搭載
高精度・高安定 広レンジ 小型・軽量 防水・防塵
Gyroscope
検出範囲(deg/s) ±450 ±450 ±200 ±450 ±450 ±150
バイアス安定性(dph) 0.8 1.2 2.2 3.0 3.5 3.5
角度ランダムウォーク(deg/√hr) 0.06 0.08 0.09 0.1 0.17 0.1
初期0点バイアス偏差(deg/s, σ) 0.1 0.1 0.1 0.1 0.5 0.5
BW(Hz) 189 472 200 200 200 200
Accelerometer
検出範囲(g) ±10 ±4/±10 ±3 ±5 ±5.8 ±5
バイアス安定性(ug) 10 8/14 50 70 50 100
VRW((m/sec)/ √hr) 0.025 0.02/0.04 0.025 0.03 0.15 0.05
初期0点バイアス偏差(mg, σ) 2 3 5 5 8 15
Tilt Func
動作温度範囲 (℃) -40 to +85 -40 to +85 -40 to +70
校正温度範囲 (℃) -40 to +85 -40 to +85 -40 to +70
デジタルインターフェース SPI/UART SPI/UART CAN open
データー出力レート(Hz, max) 2,000 2,000,
200(Tilt/Euler)
2,000 1,000 1,000
消費電力 53mW(16mA,3.3V) 60mW(18mA,3.3V) 55mW
(16.5mA,3.3V)
318mW(@12V)
サイズ(mm) 24x24x10 24x24x10 10x12x4 52x52x26
重量(gram) 10 10 1 81
製品外観 G370 G365 G364 G354 G340 G550

関連商品