はじめての電源

今回はTexas Instruments(以下、TI社と表記)の電源製品をはじめて使う、ご検討いただくお客様を対象として、電源製品を使用する場所、役割について説明しております。

電源ってなに?

電源とは?

電気エネルギー(電圧、電流)を供給する源です。
コンセント、バッテリ、乾電池などもすべて電源です。

負荷デバイスとは?

普段使用している電化製品の中にある電子回路やモータ、プロセッサなどのデバイスは電源から決められた電気エネルギー(電圧、電流)の供給を受けないと動作することができません。
この電源エネルギーを消費するデバイスが負荷デバイスです。

電源デバイスとは?

電源から供給される電気エネルギーを負荷デバイスが要求する電気エネルギーに変換して供給するデバイスが電源デバイスです。
今回は電源と負荷デバイスの間を取り持っている電源デバイスについて学習していきましょう。

電源デバイスの役割とは?

なぜ電源デバイスが必要?

先ほども説明したように負荷デバイスは決められた電気エネルギー(電圧、電流)の供給を受けないと動作することができません。例えば負荷デバイスの要求電圧が5[V]であるとします。対して、電源が12[V]や1.5[V]の時、これらの電圧を5[V]に変換してあげる必要があります。この電気エネルギーを変換する作業が、電源デバイスの重要な役割の1つです。

電源デバイスを使用する場所とは? -その①

● 電源デバイスは全てのシステムに必須のデバイスです!

電源デバイスを使用する場所の代表例①

【コンセントの後段】
(使用電源:AC/DC電源等)

家庭に送られてくる電源は交流です。ほとんどの電気回路は直流で動作するため、交流を直流に整流する必要があり、整流回路の制御を行う電源デバイスが用いられます。

【人が触れる部分の前段】
(使用電源:絶縁型AC/DCおよび絶縁型DC/DC電源等)

人が触れる電気機器は、製品の使用者が感電するのを防ぐために、絶縁回路を使用しますが、その際に、絶縁回路を制御する電源デバイスが用いられます。

電源デバイスを使用する場所とは? -その② 

【プロセッサ・マイコン(CPU,DSP等)】
(使用電源:スイッチングレギュレータ等)

プロセッサ・マイコン等の代表的な動作電圧は3.3V/1.8V/1.5V/1.2V等です。プロセッサ・マイコンには、高精度、高速応答な電源を用います。

【メモリ(DDR)】
(使用電源:DDR用電源等)

DDRではVDDQとVTT REFそしてVTTの3種類の電源が必要になります。3種類の電源を1つのデバイスで供給する、DDR用の電源デバイスがあります。

電源デバイスを使用する場所とは? -その③

【インターフェイス周辺(USB,PoE等)】
(使用電源:電源保護・監視IC等)

USBケーブル経由で電力供給を行うバスパワーやイーサネットケーブル経由で、電力を供給するPoE等のインターフェイス周辺では、突入電流からデバイスを保護するためのICが必要になります。

【LED周辺】
(使用電源:LED用電源等)

高効率・長寿命・高い制御性等の厳しい電力要件に対処するため、LED向けの電源が必要になります。また、電流値を安定させるために定電流制御が必要になります。

電源デバイスの分類は?

TI社はすべての電源カテゴリを網羅しております!

ここまでに説明してきたように我々の身近にあるすべての電化製品には、電源デバイスが使用されているといっても過言ではありません。
また、皆さんが必要とするこれらすべての電源カテゴリに対応する製品をTI社はラインアップしておりますので、“電源デバイス”といえば、まずTI社から検討されてみてはいかがでしょうか。

セミナプログラムのご紹介

今回はTI社 電源製品セミナの導入部分をご紹介いたしました。実際のセミナでは使用頻度の高いLDOとBuck Converterを中心にTI社 電源製品でのデバイスの選び方など、お客様のデバイス選定のポイントとノウハウをお話ししています。

Agenda

  • 電源ってどんなもの?(4頁)
  • 世の中にはどんな電源製品があるの?(16頁)
  • 電源ってどんなところで使うの? (6頁)
  • TIの電源製品の特長ってどんなもの?(9頁)
  • TIの電源製品ってどんなふうに選ぶの?(10頁)
  • 最後に (2頁)

おすすめリンク