はじめてのセンサ

センサ製品をはじめて使う、ご検討いただくお客様を対象として、センサ製品の種類、特長について説明します。

センサってどんなもの?

センサとは・・・

五感を人工的に再現する装置で、目、耳、皮膚、鼻、舌 に相当する働きを実現したコンパクトな装置です。

  • センサという言葉は「感覚」、「感じる」を意味する“sense”に接尾語“or”を付けて「感じるもの」としたものです。
    つまり、センサは人の五感を代替する装置です。
  • ただし、単に人の代わりになるだけでなく、人の感覚を遥かに超える能力を持った装置を実現できます。
  • 例えば、人は磁気を検知できません。また、超音波を聞いたり、酸素を嗅ぎ分けたりすることもできませんが、センサはこれを可能とします。

センサの役割

実際のセンサは、音・光・温度・圧力などの物理量や化学現象の変化を検出して、信号やデータに変換しています。

センサってどんなところで使うの?

センサは皆さんの身近なところで使われています!

スマートフォンの場合

近接センサ、光センサ、温度センサ、指紋センサ、加速度センサ、ジャイロセンサなどが搭載されています。

車の場合

スピードセンサ、衝突防止センサ、シートベルトセンサ、ガソリン残量センサ、温度センサ、ドア開閉感知センサなど、非常に多くのセンサが搭載されています。

世の中にはセンサ製品ってどんなものがあるの?

センサの区分と種類

センサはその他にも様々な種類に分類できます。

物理量センサと化学量センサ

  • 物理量センサ・・・生物の視覚、聴覚、触覚にかわる役目を果たすセンサです。
  • 化学量センサ・・・嗅覚、味覚に代わる役目を果たすセンサです。

接触型センサ/非接触センサ

  • 接触センサ・・・対象物に直接取り付けて測定を行うセンサです。
  • 非接触センサ・・・対象物に直接取り付けることなく測定を行うセンサです。

アクティブセンサとパッシブセンサ

  • アクティブセンサ(能動型)・・・何かを対象物に働きかけて、その反応を見るセンサ。
  • パッシブセンサ(受動型)・・・対象物から出るものを受けるだけのセンサ。

センサデバイスとセンサモジュール

  • センサデバイス・・・センサ部分だけの部品です。
  • センサモジュール・・・センサデバイスに回路等(電源、アンプなど)を加えたものです。

おすすめリンク