できるMPLAB® X IDE [インストール編]

Microchip Technology 社(以下、Microchip社と表記)のMCU 製品を使用する場合に必要な統合開発環境、MPLAB X IDE について説明します。
インストール編ではMPLAB X IDEのインストールについて詳しく説明します。

「できるMPLAB X IDE」は以下の順番で、MPLAB X IDE を説明します。

MPLAB X IDEのインストール

MPLAB X IDE は Windows、mac OS、Linux に対応したパッケージがあります。 プラットフォームに合わせたパッケージをダウンロードしてインストールしてください。
また、MPLAB X IDEのバージョンが更新されURL、Webページ構成、GUIダイアログ、インストール手順が変更される可能性がありますのでご注意ください。

プラットフォーム(OS:64bit) プロセッサ メモリ ディスク容量
Windows 7, 8, 10 Professional Intel® Core i7
または同等品
8 GB以上 1.5GB以上の
フリースペース
Ubuntu® 15.04 Intel Core i5
または同等品
4 GB以上
Macintosh® OS X 10.13 High Sierra Intel Core Duo
または同等品

手順

① MPLAB X IDEのページを開きます。
② Downloadsが表示されるまで、下にスクロールします。
③ 使用する OS に合わせてインストーラをダウンロードします。
④ ダウンロードしたインストーラを実行します。

⑤ Nextボタンをクリックして次に進めます

⑥表示するLicense Agreement(使用許諾)の内容を確認しI accept to ... を選択します。
⑦ 有効になったNextボタンをクリックし次に進みます。

⑧ Installation Directory(インストール先)とProxy Settings(プロキシ設定)を環境に合わせて設定しNextボタンをクリックし次に進みます。

⑨ 使用しないツールやマイコンのインストールを解除できます。設定が終わったらNextボタンをクリックし次に進みます。

⑩ MPLAB X IDEのインストール後、コンパイラとコンフィグレータのWebページを開くためのチェックボックスです。コンパイラのチェックボックスはこのままにしてFinishボタンクリックしインストールを終了します。

コンパイラのインストール

MCUとコンパイラの対応は次の通りです。

使用するMCU
コンパイラ
8bit PIC® & AVR MCU
MPLAB XC8 Compiler
16bit PIC MCU & dsPIC® DSC
MPLAB XC16 Compiler
32bit PIC & SAM MCU & MPU
MPLAB XC32 Compiler

コンパイラのダウンロードとインストール手順

① コンパイラのページが開いていなかった場合、コンパイラのページを開いてください。

② Compiler Downloadのタブをクリックします。
③ 使用するOSに合わせて、インストーラをダウンロードします。
④ ダウンロードしたインストーラを実行します。

⑤ コンパイラのダイアログが表示されます。Nextボタンをクリックして次に進みます。

License Agreement(使用許諾)が表示されますので内容を確認し
⑥ License Agreement(使用許諾)の内容を確認しI accept to ... を選択します。
⑦ 有効になったNextボタンをクリックし次に進みます。

⑧ License Typeを設定します。Licenseを購入している場合はそのLicenseを設定し Nextボタンをクリックします。

⑨ インストール先を変更したい場合はそのフォルダを選択し Nextボタンをクリックします。

⑩ 使用するユーザー制限したり環境変数への追加など必要であれば設定し Nextボタンをクリックします。

⑪ 再度、Nextボタンをクリックしファイルを展開します。

ファイルの展開が終了すると PRO license設定です。
⑫ PRO license設定を行います。 Free Licenseの場合はそのままNextボタンをクリックし次に進みます。

⑬ Finishボタンをクリックしてコンパイラのインストールが終了します。
※画像はXC8ですが、XC16やXC32もほぼ同様です。

コンフィグレータのインストール

MPLAB X IDEの Plug-in の Code Configurator をインストールします。
Code Configurator は次の機能をサポートしています。

  • クロックや周辺などの設定をGUIで行えます。
  • GUI設定で対応していない機能はレジスタに直接設定できます。
  • 設定された値や周辺を制御する関数はCソースファイルとして生成されます。

MCUとコンフィグレータの対応は次の通りです。

使用するMCU
コンフィグレータ
MIPS® & Arm® Cortex® Core MCU & MPU
MPLAB日本国内で商標登録されてますか? Harmony 3 Configurator
8bit / 16bit / 32bit PIC MCU & MPU
MPLAB Code Configurator v3

Code Configuratorを含む Plug-in のインストールの手順

① MPLAB X IDE を立ち上げます。
② メインメニューの Tools の Plugins メニューをクリックします。

③ 表示されたダイアログの Available Plugins( xx )タブをクリックします。
④ リストの MPLAB Code Configuratorをチェックします。
⑤ 有効になった Install ボタンをクリックします。

⑥ Plugin Installerダイアログが表⽰されます。Nextボタンをクリックし次に進めます。

License Agreement(使用許諾)が表示されますので内容を確認し
⑦ License Agreement(使⽤許諾)の内容を確認しI accept … を選択します。
⑧ Installボタンをクリックしインストールを開始します。

⑨Restart Now を選択したままにして Finish ボタンをクリックしMPLAB X IDEをリスタートさせます。

コンフィグレータをインストールするとツールバーにMCCアイコンが追加されます。

まとめ

さてインストール編はいかがだったでしょうか?
これでMPLAB X IDEの準備が完了しました。次回のプロジェクト作成編では今回インストールしたコンフィグレーションを使用してプロジェクトを作成する予定です。


おすすめリンク